このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 学部
  4. 健康科学部
  5. お知らせ一覧
  6. 理学療法学専攻の「卒業研究発表会」を開催しました
健康科学部

健康科学部
お知らせ一覧

理学療法学専攻の「卒業研究発表会」を開催しました

2015年12月21日

 12月20日(日)、リハビリテーション学科理学療法学専攻の卒業研究発表会が開催されました。教員、専攻学生をはじめ、卒業生・実習施設指導者など学外からも大勢集まったなか、第5期生23組24名の発表がされました。発表を受けて熱心な質疑応答がされ、フロア間での活発な意見交換がされました。学生は、この卒業研究発表が終了すると、国家試験に向けて、準備を加速していきます。

卒業研究の発表テーマ一覧

  • 『運動負荷中の振動刺激が,外乱刺激を加えた際の姿勢制御に与える影響についての検討』
  • 『頚部関節位置覚と歩行中の頚部回旋運動が歩容に与える影響について』
  • 『自発的バランストレーニングが外乱負荷応答に与える影響』
  • 『頚部肢位の違いが頚部筋疲労による眼球運動におよぼす影響について』
  • 『一側の足関節背屈可動域制限が立ち上がり動作に及ぼす影響』
  • 『コーナー走における足部・足関節運動の特徴』
  • 『投球動作における足関節運動と骨盤回旋運動の関係』
  • 『投球動作のアーリーコッキング期における足関節運動と機能的要因の関係』
  • 『スパイク動作におけるジャンプ踏み切り位置が肩関節・脊柱運動に及ぼす影響』
  • 『異なる強度の有酸素運動による疼痛抑制効果の比較検討―中枢性疼痛修飾系への影響―』
  • 『等尺性運動による疼痛抑制効果および中枢性疼痛修飾系への影響』
  • 『リズム運動が慢性頚肩痛有訴者の痛覚感受性・中枢性疼痛修飾系ならびに気分に及ぼす影響』
  • 『VDT作業による肩凝りの発生・増悪が痛覚感受性と中枢性疼痛修飾系に及ぼす影響』
  • 『VDT作業による肩凝り有訴者のforward head postureとストレス・自律神経応答』
  • 『温熱刺激はグルココルチコイド投与によって生じる筋タンパク質分解経路の活性化を抑制する』
  • 『温熱刺激がグルココルチコイド投与によって生じる筋タンパク質合成経路の不活性化に及ぼす効果』
  • 『ハムストリングスに対するダイナミック・ストレッチングが膝関節屈曲運動時の最大発揮筋力に及ぼす影響』
  • 『異なるセット数のダイナミック・ストレッチングが柔軟性に及ぼす即時的効果と効果持続時間について』
  • 『Hamstringsに対するSelf-Stretchingの介入効果にDetraining期間が及ぼす影響』
  • 『Hamstringsに対する4週間のセルフストレッチングが作業関連性腰痛に与える影響』
  • 『慢性疼痛者の体性感覚誘発電位の特徴に関する検討』
  • 『有酸素運動を行う環境の違いが気分・情動や疼痛耐性に与える影響』
  • 『筋疲労に対する渦流浴の回復効果に関する検討』