このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 学部
  4. 健康科学部
  5. お知らせ一覧
  6. 県営住宅への設計提案と意見交換を行いました
健康科学部

健康科学部
お知らせ

県営住宅への設計提案と意見交換を行いました

2020年09月04日

 9月4日、建築バリアフリー専修3年生(5名)が、公営住宅課の方々と県営住宅の計画について意見交換を行いました。
このプロジェクトは、建築デザインコース28名が7月~8月にかけ取り組んだもので、実際に建替え予定がある団地(336戸)を対象として、同じ条件で設計を行いました。
そのなかで選抜された5名は、事業者である県の方々の前で自らプレゼンテーションを行い、一人ずつ厳しくも暖かいコメントをいただきました。
また、最後には、若い世代からみた団地のイメージや県営住宅の環境について聞かれ、「住みこなし」や「隣近所とのコミュニティ」、「プライバシー」など、建築学生らしい視点から意見を述べました。
非常に緊張したようですが、学生にとっては、自分の提案に対する反応が手に取るようにわかる貴重な機会となりました。