このページのメインコンテンツへ移動
健康科学部

健康科学部半田キャンパス

人の手と技術でしあわせを支える。

好きなときに好きな場所へ行き、自分の力で何かをしたい。子どもも高齢者も、心身に障害のある人も、その思いは同じです。日常生活の不自由さをなくすだけでなく、趣味や季節の風物などから喜びや幸福感を味わうことも、健やかな心身を支えます。そうしたこころ豊かで健やかな生活を誰もが送ることができるよう、リハビリテーション医療や介護など“人の手”と、福祉用具やバリアフリー建築など、モノ・環境による“技術”、2つの方向から「ふくし」にアプローチするのが「健康科学部」。医療・健康に関する知識と福祉の視点、実践的な専門技術を身につけ、幅広い分野で活躍できる人材を養成します。

お知らせ・取り組み

学科紹介

リハビリテーション学科

障害者・高齢者を支えるための心身のリハビリテーションや介護の知識・技術を習得します。対象者の心まで理解し、保健・医療・福祉の連携による総合的な支援を学びます。医学や福祉に関する授業を通して、一人の対象者を理解する際に切り離せない保健・医療・福祉をトータルに捉える視野も身につけます。

理学療法学専攻

科学的根拠に基づいた理学療法を、
医療・福祉・スポーツで実践できる専門家に。

作業療法学専攻

生活や職場復帰を支え、
生きがいづくりを支援できる作業療法士に。

介護学専攻

多職種と連携し、介護現場の
リーダー的役割を担う介護福祉士に。

福祉工学科

福祉に強い理工系

健康や福祉のための情報システムや福祉用具の開発、バリアフリー建築や自然と共生する街づくりなど、健康で質の高い暮らしを実現するための知識と技術を修得。人の心身についての医学的知識や社会福祉の制度も学び、技術を人のために活かせる力を養います。

情報工学専修

※2018年4月「健康情報専修」から名称変更

人工知能などの高度な情報技術で、
人と社会のために活躍できるエンジニアを養成。

建築バリアフリー専修

※2018年4月「バリアフリーデザイン専修」から名称変更

福祉社会に求められる役割を果たすため、
福祉や環境の目で考える建築の専門家に。