審査体制

大学院の担当教員の中から、主査1名・副査2名(副査1・副査2)を選出し、修士学位授与審査委員会を設置する。

各委員の役割

主 査
修士学位授与申請者の指導教員が担当。
第1次提出…修士論文、特定課題報告の査読をおこなう。
最終提出…修士論文、特定課題報告の査読と最終試験(口頭試問)をおこなう。
副査1
研究科委員会で決定し、11月中旬発表予定。
第1次提出…修士論文、特定課題報告の査読をおこなう。
最終提出…修士論文、特定課題報告の査読と最終試験(口頭試問)をおこなう。
※修士学位授与申請者は、修士論文の第1次提出以降から、最終提出までの間、副査1の担当教員に指導を受けることができる。
副査2
研究科委員会で決定し、12月初旬発表予定。
最終提出…修士論文、特定課題報告の査読と最終試験(口頭試問)をおこなう。
※副査2の担当教員からは、原則的には指導を受けることができない。

審査基準

修士論文(特別研究コース)

  1. 修士論文としての体裁は整っているか(全体の構成や要旨、見出し、誤字・脱字、注、引用文献、図表、資料は適切であるか、など)。
  2. 研究の意義(何のために)と目的(何を明らかにしようとしたのか)は明確か。
  3. 研究目的に照らして研究方法は適切で、研究のプロセスがわかるように記述されているか。
  4. 調査結果や事例・事実の記述、データ処理は適切で漏れがなく、わかりやすく記述されているか。
  5. 記述した内容の普遍性や特殊性などを、自らの意見と他者のそれとを区分して考察しているか。
  6. 先行研究や関連研究を充分踏まえ、考察しているか。研究領域により違いはあるが、文献リストに掲げる本数の最低ラインは、30本程度とする。
  7. 使用されている概念、用語は適切で、論拠を示しながら論理展開されているか。
  8. 口頭試問におけるプレゼンテーション力。
  9. 口頭試問における応答の的確性・妥当性。
  10. 口頭試問における応答の姿勢・態度。

特定課題報告(実践研究コース)

  1. 3本とも論文または報告としての体裁は整っているか(全体の構成や要旨、見出し、誤字・脱字、注、引用文献、図表、資料は適切であるか、など)。
  2. レビューや実践研究報告の意義(何のために)と目的(何を明らかにしようとしたのか)は明確か。
  3. 目的に照らして記述や分析は適切でわかりやすく記載されているか。
  4. 事実と解釈、普遍性と特殊性、自らの意見と他者のそれとを区分して記述し考察しているか。
  5. 高度専門職業人や実務家にとって、有用な実践知や教訓などを含んでいるか。
  6. 先行研究や実践を踏まえ、考察しているか。研究領域により違いはあるが、文献リストに掲げる本数の最低ラインは、レビュー論文で20本、実践研究報告A・実践研究報告Bでそれぞれ15本程度とする。
  7. 使用されている概念、用語は適切で、論拠を示しながら論理展開されているか。
  8. 口頭試問におけるプレゼンテーション力。
  9. 口頭試問における応答の的確性・妥当性。
  10. 口頭試問における応答の姿勢・態度。