各種プログラム・履修制度 履修証明プログラム制度

「履修証明プログラム制度」とは

2007年度の学校教育法の改正により、大学、大学院、短期大学、高等専門学校、専門学校(以下「大学等」という。)における「履修証明制度」が創設されました。 これは、大学等の積極的な社会貢献を促進するため、学生を対象とする学位プログラムの他に、 社会人等の学生以外の者を対象とした、60時間以上(※)の一定のまとまりのある学習プログラム(履修証明プログラム)を開設し、 その修了者に対して法に基づく履修証明書(Certificate)を交付できるという制度です。

※:2019年4月1日以降に開始する履修証明プログラムより総時間の要件が「120時間以上」から「60時間以上」に短縮されました。

文部科学省ホームページ https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shoumei/

履修証明制度の特徴
  1. 大学等の学位に比べ、より短期間に修得することが可能。
  2. 再就職やキャリアアップに役立つ社会人向けの教育プログラム。
  3. 修了者には学校教育法に基づき履修証明を交付。

本学の履修証明プログラムのメリット

  1. 本プログラム修了者には、学校教育法に基づき履修証明書が交付されます。
  2. 名古屋キャンパス3階の図書館、4階の共同研究室の利用ができます
  3. 名古屋キャンパス内のパソコンで、国内・海外のデータベース(28種類)の利用ができます
  4. 履修証明プログラム修了後、本学大学院「医療・福祉マネジメント研究科 医療・福祉マネジメント専攻 修士課程」に入学した場合、初年度授業料の20%が減免されます(ただし、他の減免制度と併用することはできません)。
  5. 履修証明プログラムで修得した単位は、大学院入学後の申請により認められた場合、10単位を上限に既修得単位として認定が可能です。

履修証明プログラム

【プログラム1】

【2023 年度】地域再生のための「福祉開発マネジャー」養成プログラム (社会人学び直し大学院プログラム)

出願期間(1期):2023年3月20日(月)~ 2023年4月15日(土)
出願期間(2期):2023年4月17日(月)~ 2023年5月6日(土)
※締切日消印有効

【プログラム2】

【2023 年度】医療・福祉マネジメント人材養成プログラム

出願期間(前期):2023年3月6日(金)~ 2023年3月20日(月)
出願期間(後期):2023年8月17日(木)~ 2023年8月28日(月)
※締切日必着