在院生の声

コメントPickUp

ここでは、演習を受講した院生の、今までの学習を振り返っての感想を紹介します。
コメントから、それぞれの院生が、目標に向かって一歩ずつ成長している様子が伝わってきます。

“思考スタイルの変化を実感”

大学院入学前後での思考スタイルの変化の一つは、実践で体験したことを形式知化しようと試みる習慣がついたことです。特に、失敗事例だけでなく成功事例についてもその要因を振り返って体系化しようする視点は、大学院で新たに獲得したものです。もう一つは、受け取る情報について「事実」と「価値判断」を別けて捉える習慣がついたことです。これにより、業務に必要な情報を以前よりも正確に把握できるようになったと感じています。自身が情報を発信する側に立った場合も同様です。

“自分自身を考える時間が今まで以上にできた”

大学院にはいいアイデアや学ぶべきものがたくさんある。他の院生や先生からはいい刺激をいただき、自分自身を考える時間が今まで以上にできた。人とのつながりも大切にしたい。なんとか前向きにと考えるが、正直いって疲れる。通学時間を有効に使って本を読めるようになりたいが、今はまだ眠くてしょうがない。1日24時間の時間配分と「効率よく」が一番の課題である。

“学び多い日々を過ごしています”

仕事との両立は厳しいです。しかし、学校に来ると、経験豊かな院生の方々が上手にタイムマネジメントしておられ、学び多い日々を過ごしています。研究への取り組みについては、1年生の前期に、ことばや文章に対して敏感であることの大切さを学び、その後、意識しながら取り組んできました。修士論文の執筆は、大変ながらも楽しく取り組めており、良い気分転換になっています。毎月のピアレビューの時間も、修士論文のことだけでなく、お互いの仕事の話をしたり、相談にのっていただいたり、私にとっては、貴重な時間となっています。

“協調して作業を行うことの大切さを学んでいます”

私はサービス分野の中でリーダーを努めさせていただいております。会計学の講義で学んだ「分業と権利委譲」という概念を思い出し、大きな事業を成すためにはやはり分権制組織で取り組むことが必要だと、これまでの経緯から学ぶことができました。

“自身の成長を感じる”

辛くも充実感のある3ヶ月であった。私が入院した目的の1つは、理論的に言語化する能力の向上である。先生方の講義は実に質が高い。例示する力など、実に勉強になる。自身では評価できないが、周囲から「話が上手くなった」と評価をいただいた。確実に成長していると感じる。

“自分の中での3つの変化”

大学院に入学して3つの変化がありました。1つ目は、自分の関心を持つ視点が変化したことです。今まで私は、理学療法に関ることばかりに関心を持ち、研究(結果ありきの物)もしていました。しかし、色々な先生方の講義を聴き、視野の広さに驚き、自分の考えの狭さを痛感しました。現在は時代の流れをよんだ、普遍性のある分野の研究もしていきたいと思っています。2つ目は、文章を作成する際に、形式に注意を払うようになったことです。人の目に触れる物は見やすく、わかりやすい物でなくてはならないと思います。そのため、特に一文の文字数(できる限り40~60文字以内)に気をつけています。3つ目は、カンファレンスを行う際に、ホワイトボードを使用するようになったことです。そのせいか、情報の共有が容易になり、議論しやすくなりました。

中嶋拓さん

社会福祉領域 所属

大学院で学ぶことは私には非常に大きな決断でした。「自分はそんな柄か?」など、迷い悩みつつも行動できたことは、間違いでなかったと今では強く感じています。
研究は私にとって未知の世界であり、妥協なく厳しい面もありますが、先生方は常に寄り添い、優しく指導・助言をいただけます。
研究を通して私自身も生活習慣や考え方に変化が生じています。来年の春、今より少し違った自分になれることを期待して頑張りたいと思います。

猿子雅子さん

医療福祉サービス領域 所属

大学院入学は、仕事との両立など不安が大きく、迷っていました。履修プログラム生として籍を置き、一定の単位の取得ができたことで、大学院の雰囲気がよくわかり、負担も軽減しました。入学してからは、さまざまな年齢、さまざまな専門職の仲間との関わりにワクワクしています。たくさんの専門家の先生方に指導をしていただけることが、大変贅沢でもあり、大きな財産です。良い環境で学び、研究できることに感謝しています。

坂下耕介さん

組織・人材マネジメント領域 所属
(2022年度より「医療・介護・福祉経営領域」に変更)

仕事に役立つ勉強がしたいと思い、入学前の1年間は科目等履修生として通学しました。他県からでしたが1年間通学することができ入学を決めました。入学後は新型コロナウイルスの影響でリモートでの講義が大半でしたが、徐々に慣れることができました。現在は先生方の指導のもと、修士論文の執筆を進めています。仕事と学業の両立は決して楽なものではありませんが、大学院の2年間が充実したものとなるようにしたいと思います。

修了生の声

鈴木江利奈さん

社会福祉領域 修了

大学院には、魅力的な授業が数多くあります。多職種の方々と議論する機会もあり、とても刺激的でした。また、様々な研究をされている先生方に御指導いただき、視野も広がり、研究の楽しさを知ることができました。
仕事との両立は不安でしたが、先生方の丁寧な御指導や事務の方々のサポートのおかげで、2年間気持ちが途切れることなく研究を続けられました。そして、仕事をしながら勉強に励む、志の高い仲間に出会えたことも嬉しく思います。今後も研究を続けます。
医療・福祉分野の皆様に、ぜひ大学院での学びをお勧めします。

宇佐美康子さん

医療福祉サービス領域 修了

大学院へ入学した動機は、研究の基礎を学びたい、多職種の方々と出会って語る機会を持ちたい、と思ったからです。日本福祉大学大学院に入学して良かった点が3つあります。第1に様々な分野の先生方、ゼミの先輩方からのアドバイスが頂ける、第2に事務室、図書室、ICTサポートのバックアップが手厚い、第3に大学院を修了した後もゼミや研究会、SNSなどでの交流や学ぶ機会が続いている、ことです。在学中は研究の形式の重要性、倫理的配慮、言葉に敏感になること等、研究の基礎知識の詳細部分まで学ぶことができました。また、院生同士でのピアレビューやディスカッションは、貴重な時間でしたし心強かったです。

井藤直美さん

組織・人材マネジメント領域 修了
(2022年度より「医療・介護・福祉経営領域」に変更)

先輩より大学院について紹介され、研究についてよく意味もわからないままでしたが、思い切って入学を決意しました。医療福祉といっても様々な分野、職種、経歴の先生方、院生の仲間が集まっており、授業やディスカッションでは多くの気づきを得ることができました。一つ一つの課題は修士論文完成まで進んでいけるようにプログラムされており、先生方の熱心なご指導のもと私も無事完走できました。また論文執筆以上に大学院での学びで得られたものは大きく、仕事と両立しながら学びたい方にもお勧めです。