3つの領域

医療・福祉マネジメント研究科では、①社会福祉領域、 ②医療福祉サービス領域、 ③組織・人材マネジメント領域 の3つの領域を配置しています。各領域で開講される専門演習ではそれぞれの領域における専門性を高めます。

一方、領域を超えた院生が受講する演習や授業では、医療・福祉領域のサービスマネジメントと経営の基礎について幅広く学ぶとともに、多職種間連携教育( Inter Professional Education, IPE )を通じて、複雑化・深刻化する問題に多職種が連携して対応できる問題解決能力・実践力・教育力・マネジメント能力の養成をめざします。

医療・福祉マネジメント研究科の院生は、入学時より、設定されている3つの領域いずれかに所属します。

社会福祉領域

ソーシャルワークにはミクロ・メゾ・マクロの各領域があります。直接支援のミクロ領域で主な仕事をしている臨床ソーシャルワーカーをはじめとして、保健医療分野や教育、司法、労働の専門職に対しては、臨床場面の問題意識をもとに、新たな知見や自分の意見や信念に対する学問的補強を求めて、組織や地域・地域社会・制度政策等メゾマクロに展開する技術演習および研究指導を行います。また家族や地域社会の実践を主な対象とする行政マンや社会福祉協議会、NPOに所属するコミュニティーソーシャルワーカーおよび地域を対象とする隣接領域の専門職は、臨床のミクロと、地域社会や制度政策のマクロにも、双方向に手を伸ばす技術開拓および研究を行います。

医療福祉サービス領域

保健医療福祉サービスのマネジメントについて、政策から臨床レベルまで、広い領域を扱います。保健医療福祉の政策動向や介護保険制度などの下で新たな展開を見せる保健・医療・福祉の複合体、病院や施設、居宅介護支援事業所、訪問看護ステーションなど、各種の事業所、複雑なニーズを抱える利用者のケアマネジメント、ソーシャルワーク、リハビリテーションなどの諸課題を研究します。

組織・人材マネジメント領域

多様な専門職集団によって構成される医療・福祉サービス機関において、組織としていかに利用者本位で安全で質の高いサービスを持続的に供給するか。「医療福祉経営のあり方」を政策・戦略・マーケティング・組織・会計・ファイナンスなどの切り口を通じて研究します。