学びのシステム

EDUCATION

スポーツを核に、
社会人に必要な力を養う。

実技をはじめ、教育・文化・福祉・心理・医学・社会・経営など多方面から「スポーツ」を追究し、
科学的知識や指導技術を体得。スポーツを通じて人間的な成長も図ります。
スポーツ実践の現場はもちろん、一般企業・行政・教育など、
あらゆる分野で応用できる社会人としての能力を身につけます。

4年間で身につける力

01

スポーツ科学の知識

スポーツを“する”“伝える”“支える”“見る”“つくる”ために不可欠な、幅広い科学的知識を身につけます。

対応する科目

  • スポーツ科学入門
  • スポーツ科学演習
  • スポーツ社会学
  • スポーツ教育学
  • スポーツ生理学
  • スポーツ心理学
  • スポーツマネジメント
  • 障害者スポーツ論 ほか

02

スポーツ実技・指導力

上手い下手にかかわらずスポーツを楽しむ体験、上達のための方法、安全でわかりやすい指導技術を身につけます。

対応する科目

  • コーチング科学
  • トレーニング科学
  • メンタルトレーニング
  • 専門実技(各種目)
  • スポーツ・運動指導者論
  • スポーツ指導法演習(各種目)
  • 保健体育科教育法Ⅰ~Ⅲ ほか

03

社会人としての実践力

さまざまな職業分野で発揮できる創造的思考能力・コミュニケーション能力・自己管理能力・問題解決能力などの力を身につけます。

対応する科目

  • スポーツコミュニケーション
  • 身体表現・芸術表現論
  • スポーツビジネス
  • スポーツメディア論
  • スポーツフィールドワークⅠ・Ⅱ
  • ふくしスポーツ演習
  • 専門演習Ⅰ・Ⅱ
  • インターンシップⅠ・Ⅱ ほか

*「専門実技」では、ダンス、野外運動、陸上、器械運動、水泳、球技(サッカー、バレーボール、バドミントンほか)、
武道(柔道、剣道)、アダプテッド・スポーツなどが学べます。

進路に応じて効率的に科目選択できる履修モデル。

トレーニング科学系履修モデル

自身の競技パフォーマンスの向上のみならず、子どもから高齢者までの対象や目的に応じた運動プログラムの作成・指導ができる人材を養成します。

1年次

  • スポーツと脳
  • スポーツ生理学

スポーツでよいパフォーマンスを得るためには、脳のはたらきが重要です。その脳神経機能に関する基礎知識や計測方法を学びます。

2年次

  • コーチング科学
  • スポーツ栄養学

科学的な根拠に基づいた指導計画の立案方法や、対象となる人に合わせた指導方法、運動における安全管理などを学びます。

3・4年次

  • スポーツメディア論
  • スポーツ指導法演習

スポーツに関する新聞やラジオ、テレビ、インターネットなどのメディアの発展・変遷や現状、課題を研究し、解決策を議論します。

スポーツ教育系履修モデル

学校を中心とした教育現場における運動指導について学修。青少年が健全に成長するよう、スポーツを通して支えることのできる人材を養成します。

1年次

  • 学校保健A(小児・精神)
  • スポーツ教育学

身体の発育・発達、こころの発達の観点から児童生徒を理解し、さまざまな健康課題に対応できる資質を育みます。

2年次

  • 特別支援教育論
  • スポーツ・運動指導者論

障害のある子ども、特別な支援を必要とする子ども、その一人ひとりの成長を支えるための教育について基礎的な理解を図ります。

3・4年次

  • 教育実習
  • 保健体育科教育法

約1か月、学校教育現場で学習指導案の作成・授業を実践し、生徒と交流しながら教員としての能力や適性を見極めます。

ふくしスポーツ系履修モデル

さまざまな人が楽しむことのできる運動のあり方について探究。スポーツを通じ、地域に暮らす人々の健康と生きがいの創出に貢献できる人材を養成します。

1年次

  • ふくしスポーツ論
  • スポーツ社会学

教育、障害者福祉、高齢者福祉などの現場で実践されている運動の意義を理解し、多様な福祉現場の課題解決について考察します。

2年次

  • 地域スポーツ論
  • スポーツ支援者論

総合型地域スポーツクラブに着目しながら、スポーツが地域社会の中で果たす役割や方向性、その具体的な取り組みについて理解します。

3・4年次

  • スポーツ政策・行政論
  • 加齢学

国・地方自治体のスポーツ政策や行政のしくみについて理解を深め、スポーツ推進策のあり方や課題について考えます。

在学生VOICE

スポーツ科学部3年
三重県 木本高等学校出身

ひがし 亜沙奈あさなさん

すべての人に、
スポーツの楽しさを伝えたい。

保健体育教員と特別支援学校教員、中級障がい者スポーツ指導員の免許状・資格の取得を見据えて学び、パラスポーツのボランティア活動にも熱中。年齢や障害、運動能力などの違いを考慮して運動指導案を組み立て、実践しています。すべての人が自分らしくスポーツを楽しむ、そんな社会に貢献できるように教育、心理、福祉などの幅広い視点でスポーツ科学を探究していきます。

学部TOPICS

車椅子ラグビー日本代表の
スポーツウェアを共同開発。

本学部とスポーツアパレルメーカーの株式会社ゴールドウインが、車椅子ラグビーの世界大会に向けたスポーツウエアの共同開発を行いました。高温・高湿が予想される大会で、自身の体温調節が難しいアスリートのために、競技中の体温上昇を指導者もリアルタイムで視覚化できるウエアの開発・作成が目的です。

QUESTION

たとえば、スポーツに関して、
次のような思いや疑問を持ったことは
ありませんか?

  • より効果的な
    練習って無いのかな?

  • マネージャーの役割って
    なんだろう?

  • プロ野球選手の給料って
    何であんなに高いんだろう?

  • 東京オリンピックや
    パラリンピックで
    私たちの生活は変わるのかな?

  • 運動が苦手な人や
    障害のある人でも楽しめる
    スポーツってあるのかな?

  • なぜフィギュアスケートで
    日本は強いの?

スポーツ科学部では
上記のようなスポーツに関する
様々な疑問や思いに
答えを見つけ出す学びができます。