学びのシステム

EDUCATION

スポーツ科学を追究し、
社会が求める力を養う。

すべての人々に、スポーツの楽しさと喜びを提供する人材を育成します。
そして、スポーツ実践の現場はもちろん、産業・行政・教育などあらゆる分野で応用できる能力を、
スポーツを題材とした大学教育を通じて養います。

4年間で身につける力

01

スポーツ科学の知識

スポーツを“する”“伝える”“支える”“見る”“つくる”ために不可欠な、幅広い科学的知識を身につけます。

対応する科目

  • スポーツ科学入門
  • スポーツ科学演習
  • スポーツ社会学
  • スポーツ教育学
  • スポーツ生理学
  • スポーツ心理学
  • スポーツマネジメント
  • 障害者スポーツ論 ほか

02

スポーツ実技・指導力

上手い下手にかかわらずスポーツを楽しむ体験、上達のための方法、安全でわかりやすい指導技術を身につけます。

対応する科目

  • コーチング科学
  • トレーニング科学
  • メンタルトレーニング
  • 専門実技(各種目)
  • スポーツ・運動指導者論
  • スポーツ指導法演習(各種目)
  • 保健体育科教育法Ⅰ~Ⅲ ほか

03

社会人としての実践力

さまざまな職業分野で発揮できる創造的思考能力・コミュニケーション能力・自己管理能力・問題解決能力などの力を身につけます。

対応する科目

  • スポーツコミュニケーション
  • 身体表現・芸術表現論
  • スポーツビジネス
  • スポーツメディア論
  • スポーツフィールドワークⅠ・Ⅱ
  • ふくしスポーツ演習
  • 専門演習Ⅰ・Ⅱ
  • インターンシップⅠ・Ⅱ ほか

*「専門実技」では、ダンス、野外運動、陸上、器械運動、水泳、球技(サッカー、バレーボール、バドミントンほか)、
武道(柔道、剣道)、アダプテッド・スポーツなどが学べます。

豊富な科目群から
効率よく選択履修できるよう、
3つの履修モデルを用意しています。

トレーニング科学系

自身の競技パフォーマンスを向上させるため、あるいは子どもから高齢者まで、対象や目的に応じた運動プログラムの作成・指導ができる人材を育成します。

スポーツ教育系

学校を中心とする教育現場で、スポーツを通して、青少年の健全な育成を支える人材を育てます。

ふくしスポーツ系

スポーツを通じ、地域に暮らす人々の健康と生きがいの創出に貢献する人材を育成します。

QUESTION

たとえば、スポーツに関して、
次のような思いや疑問を持ったことは
ありませんか?

  • より効果的な
    練習って無いのかな?

  • マネージャーの役割って
    なんだろう?

  • プロ野球選手の給料って
    何であんなに高いんだろう?

  • 東京オリンピックや
    パラリンピックで
    私たちの生活は変わるのかな?

  • 運動が苦手な人や
    障害のある人でも楽しめる
    スポーツってあるのかな?

  • なぜフィギュアスケートで
    日本は強いの?

スポーツ科学部では
上記のようなスポーツに関する
様々な疑問や思いに
答えを見つけ出す学びができます。

学生VOICE

私が「スポーツ科学部」で
学んでいる理由!

DANCE × スポーツ生理学

スポーツ科学部2年
高知県/高知商業高等学校 出身

小笠原 葵さん

科学的トレーニングが、
見る人の感動につながる。

スポーツをさまざまな視点で学べる点に魅力を感じて入学しました。「スポーツ生理学」では、身体の生理機能とスポーツの関連を学ぶ中で、スロートレーニングが安全で効果的な理由も学習しました。「スポーツ実技(フィットネス)」の時間中にマシンを使ってスロートレーニングを実践すると本当に筋肉量が増えることが確認でき、学びの成果を実感できました。1年間学んだ今、将来はフィジカルトレーナーになるという夢が芽生えました。「スポーツマネジメント」の授業ではコーチやトレーナーには何が必要かを学び、自分にはコミュニケーション能力が足りないことを自覚、今後の課題を発見しました。高校時代から打ち込んできたダンスは、自分の体ひとつで見る人に感動を与えることのできるスポーツ。現在はダンス部の部長として、経験の少ない部員の指導に当たっています。この学部で学んだこと一つひとつがダンス部で活かせることを日々実感しています。

SOCCER × 社会人基礎力

スポーツ科学部2年
愛知県/一宮北高等学校 出身

伊藤 翔大さん

スポーツを360°学び、
社会から求められる力を。

小学校の頃から一貫してゴールキーパーを務めてきました。高校ではサッカー部員としてJリーグのボールパーソンを経験し、スポーツは選手だけではできないことを理解しました。大学では、学問としてもサッカーと向き合いたいと考えてスポーツ科学部へ進学しましたが、社会に出るときにサッカーしか知らない自分では不安でした。そこで1年次の「導入ゼミ」では、社会人基礎力について調べ、“チームワーク”や“主体性”をテーマにプレゼンテーションを行いました。また大学祭の学部企画ではパラバドミントンの体験会を実施。子どもから高齢者までさまざまな世代の人に楽しんでもらえる企画を工夫したり、相手に合わせたコミュニケーション方法を学ぶことができました。スポーツを360°科学する学部で1年次を終えましたが、まだ45°程度しか見えていない感覚。2年次以降もスポーツを題材に幅広く学び、社会で求められる力を身につけていきます。

LACROSSE × マネジメント

スポーツ科学部2年
静岡県/浜松市立高等学校 出身

小野 有里奈さん

個人技からチームプレイへ、
そして管理者へ。

高校では陸上部で走り高跳びを続けてきました。試合に出ないときには選手のアイシングなどのケアをする機会も多く、スポーツする人を支える仕事に魅力を感じる自分に気がつきました。現在は女子ラクロス部でマネージャーをしています。個人技からチームで戦う球技への転向。各ポジションの役割分担や戦略の分析など、陸上競技とは異なる楽しさや難しさを感じています。好きな科目は「スポーツマネジメント」です。チームを管理・運営して力を発揮させるために大切なことは何かを学び、単なる補佐役にとどまらない、マネージャーの真の役割を考える機会にもなりました。部活動でも先輩マネージャーから「私たちが部を動かしていいんだよ」と教わっています。また必修科目の「スポーツキャリア教育」では、スポーツクラブ経営者やスポーツ記者、保健体育の先生など、さまざまな職業の方々から話を聞くことができ、将来の進路を考えるための視野が広がりました。