このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 子ども発達学部 江村ゼミの学生が上野間保育所の園児らと交流しました
学園・大学案内

トピックス

子ども発達学部 江村ゼミの学生が上野間保育所の園児らと交流しました

2019年12月13日

12月9日(月)、上野間保育所にて子ども発達学部 江村和彦准教授のゼミ生が園児らと交流しました。この取り組みはゼミ活動の一環で、参加したのは保育士等を目指す2年生・4年生の計16名と上野間保育所に通う園児ら約60名。今回の内容はビニールからできたバルーン(約7m四方)の中で遊ぶことと、ビニールや紙を材料にしたおもちゃ作りでした。
園児らはあまり見る機会のない巨大なバルーンに大はしゃぎ。中に入ると走り回ったり、寝転がったりして楽しみました。
一度に全員がバルーンの中に入るのは難しいため、外で待っている園児らは手遊びで盛り上がりました。

バルーンで遊んだあとは自分たちでデザインしたおもちゃを作り、学生らは子どもたちと話をしながらおもちゃ作りのサポート。おもちゃが完成すると、紙コップを飛ばしてフラフープに通して遊びました。
最後に学生らへのお礼として、園児からは「パプリカ」の合唱のプレゼント。会場は和やかな雰囲気になりました。

関連リンク