このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 看護職のための災害対応研修会(東海市・知多市会場)を開催しました
学園・大学案内

トピックス

看護職のための災害対応研修会(東海市・知多市会場)を開催しました

2019年10月24日

 日本福祉大学では、厚生労働省令和元年度老人保健健康等増進事業の採択を受け、「潜在看護職を活用した新たな地域包括ケアと災害にも強い地域ネットワークを築く調査・研究事業」の研究課題に取り組んでいます。

 調査の実施により協力を得られた看護職免許を持つ方に対して、災害時の応急救護や避難所の衛生管理などの研修事業を行っています。
 10月14日(月)に、研修事業の東海市・知多市会場として、日本福祉大学東海キャンパスにて看護職のための災害対応研修会(第2回)「災害時の応急救護方法を知ろう」を開催し、52名の方に参加いただきました。

 研修会では、名古屋掖済会病院副委員長・救命救急センター長の北川喜巳先生と、東海市・知多市消防より講師をお招きし、災害初期の傷病者対応に関する講義、演習を行いました。
 講義のあと、積極的に参加者も演習に参加し、処置方法の異なる各ブースに分かれ、災害時を想定した処置の方法を学びました。

 今回開催した「看護職のための災害対応研修会」は、全3回の開催とし、東海市・知多市会場(日本福祉大学東海キャンパス)の他に、3地区での開催を予定しています。