このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 社会福祉学部子ども専修企画の映画鑑賞会を実施しました
学園・大学案内

トピックス

社会福祉学部子ども専修企画の映画鑑賞会を実施しました

2019年10月11日

 2019年9月26日(木)、子ども専修1年生の総合演習の時間を利用して「さとにきたらええやん」(自主上映)を3クラス65名の学生たちが鑑賞しました。この映画は大阪市西成区釜ヶ崎地区で40年以上にわたり続いている、「こどもの里」で子どもたち・保護者・そして地域を交えた実践を紹介しているドキュメント映画です。

「こどもの里」イメージ(さとにきたらええやんHPより)

 映画鑑賞後は班に分かれてグループワークを行いました。各班にはファシリテーターとして3年生も入り「こどもの支援で大切なことは何か」や、「支援を継続する上での工夫すべき点について」といった観点で意見交換をしました。
 参加した学生からは「寄り添うこと、子どもの意見を尊重することの大切さに気づいた」「子どもの失敗も受け止める」などの声が聞かれ、鑑賞会から多くのことを学んだ様子が見られました。

関連リンク