このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. アピタ東海荒尾店にて認知症啓発イベントを開催しました
学園・大学案内

トピックス

アピタ東海荒尾店にて認知症啓発イベントを開催しました

2019年09月13日

 2019年9月8日(日)、アピタ東海荒尾店にて認知症啓発イベントが開催され、本学社会福祉学部斉藤ゼミがブースを出展しました。
 この取り組みは社会福祉学部の正課科目「フィールド実践演習」におけるゼミ活動の一環で認知症の啓発を目的に行われており、「公益社団法人認知症の人と家族の会 愛知県支部」の方々と連携して実施しています。
 今回は5名の学生が、これまでのゼミ活動の成果を来場者の皆さまへPRしました。

開店前から会場のセッティングを頑張りました

 本学のブースでは、同ゼミの成果である認知症啓発かるたや認知症啓発カードゲーム(現在試作中)を来場者の方々に体験して頂きました。
 またLINEスタンプ(現在試作中)について、子どもから大人の幅広い年齢の来場者からデザイン等に関する貴重なご意見を頂戴しました。

先生・ゼミ生と来場者が認知症啓発をテーマとしたゲームで遊びました

来場者から、試作中のLINEスタンプ等について貴重なご意見を頂戴しました

 学生たちは同ゼミの卒業生が考案した、認知症啓発を題材とした紙芝居を読むことにもチャレンジし訪れた大勢のお客さまから拍手を受ける様子が見られました。
 本学では、今後もより多くの方々に認知症の理解および啓発をして頂けるような活動を継続していきます。

子ども達に向けて紙芝居を披露しました

ゼミのメンバーで記念撮影

関連リンク