このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 社会福祉士国家試験本番1年前オリエンテーション・模擬試験が開催されました
学園・大学案内

トピックス

社会福祉士国家試験本番1年前オリエンテーション・模擬試験が開催されました

2015年1月27日

 第27回社会福祉士国家試験が実施された1月25日(日)に、「社会福祉士国家試験本番1年前オリエンテーション・模擬試験」が美浜キャンパスで開催され、社会福祉学部の3年生を中心に、346名の学生が参加しました。
 これは、1年後の第28回試験に向けて、資格取得に挑戦することの意義を真剣に考えるとともに、模擬試験を通じて国家試験についての理解を深め、早期に対策(学習)に着手することを目的としています。

 オリエンテーションの冒頭に原田正樹学長補佐から、国家試験の概要や学習方法、これからの1年間の過ごし方などの説明がなされました。そのなかで、原田学長補佐は「国家試験を突破することは容易なことではない。その上、就職活動や卒業論文の執筆も同時に進めることが求められる。これからの1年間の過ごし方を真剣に考えて、実行して欲しい」と、早期から計画的に学習をスタートさせることの必要性を繰り返し説明しました。
 その後、実際の社会福祉士国家試験と同様の出題数、試験時間による模擬試験が実施されました。学生たちは、本番さながらの雰囲気のなか、緊張の面持ちで試験に臨み、国家試験合格に向けた1年がスタートしました。

 また、この日行われた第27回社会福祉士国家試験には、日本福祉大学からも多くの通学生や通信生、卒業生が受験しました。愛知県の試験会場の一つである「ウインクあいち」には丸山理事長をはじめとする本学教職員が応援に駆けつけたほか、福岡や岡山などの試験会場には地域オフィスや同窓生らが受験生を激励しました。

◆愛知県会場(ウインクあいち)では、社会福祉実習教育研究センタースタッフにより用意された合格ダルマを触り、
合格を祈願する受験生の姿が見られました

 全国各地の会場では、福祉経営学部(通信教育)の学生も受験に臨んでいます。
 福岡会場では福祉経営学部(通信教育)の教員や福岡オフィススタッフ、そして本学同窓生が応援に駆けつけ、メッセージを添えたお菓子を受験生に配る姿が見られました。応援に参加している同窓生の動機はシンプルで「昨年、応援してもらって嬉しかったので、今年は、後輩のためにと思い参加しました!」。このような連鎖が続いて、毎年多くの同窓生が受験会場での応援に参加しています。

◆受験生を激励する
明星智美 福祉経営学部准教授(写真左側)

関連リンク