このページのメインコンテンツへ移動
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 東海市との懇談会を開催しました
学園・大学案内

トピックス

東海市との懇談会を開催しました

2021年3月16日

 日本福祉大学は東海市と、東海キャンパス開設を契機に2015年2月20日に包括協定を締結しました。以降、各分野において様々な事業が実施され、その取り組み報告や今後の課題を共有するため、定期的に懇談会を開催しています。
 今回は、2021年3月8日に本学東海キャンパスにて、東海市から鈴木淳雄市長、佐治錦三副市長、加藤千博教育長、日本福祉大学からは丸山悟理事長、児玉善郎学長、黒川道男専務理事、齋藤真左樹副学長、千賀威昌学園事務局長が出席の上、開催されました。
(コロナ禍での開催となりましたので感染予防に努めて開催されました)

 懇談会では、先ず日本福祉大学から現在策定に向けて検討が進められている「第3期学園・大学中期計画」(2021年から2028年の期間と定めた将来計画)の報告がありました。
 今後、社会変化が著しい局面を迎えるなか、建学の精神を踏まえ、様々な社会的要請、課題に応え得る教育・研究力の獲得を目指し、課題を解決しうる人材の養成、輩出を目指すことがこの計画の主眼であって、その具体化・具現化には近隣地域とさらなる連携強化、協同が不可欠であることが報告されました。

 東海市からは、「将来を見据えたまちづくり」と題した報告があり、一昨年市制50周年を迎えさらに魅力あるまちづくりへ取り組む姿勢、特に、新規開発が進む太田川駅西地区、整備が進む新駅についての開発案件や地域の観光資源の発掘について報告がありました。
 キャンパス開設6年目を迎えた今日、相互で連携を図った事業などを総括しつつ、地域の開発案件を軸にさらに強固な連携関係構築に向けて熱心な議論が繰り広げられました。