このページのメインコンテンツへ移動
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 本学教員が半田中学校の総合的な学習に講師として参加しました
学園・大学案内

トピックス

本学教員が半田中学校の総合的な学習に講師として参加しました

2021年3月16日

半田中学校1年生の「総合的な学習の時間」では防災教育を行っています。授業の一環として半田市役所の防災交通課の方の話を聞くことや、半田市社会福祉協議会や半田中学校避難所運営委員会の方々の協力のもと学校周辺を歩いて危険箇所を調べる活動を行うなど7クラスが1年を通して防災に関する知識を得てきました。現在はこれまでの学習成果として防災カードの作成を行っており、その後は3月11日に作成したカードの発表会を行いました。

生徒が作成しているカードは本学全学教育センター 村川弘城講師が開発した防災教育ゲーム「B72」の一部である「ディスカッションカード」で、今回B72は中学校の防災教育の一環として用いられました。
生徒たちは班に分かれ、従来のカードと自分たちがオリジナルで作成したカードが一連の流れとして繋がるように内容の確認を行いました。
村川講師は今回の取組について「B72の開発者としての学習では、環境の設定や課題などから考えて創造しなければなりません。自分が学んできたことを振り返って価値づけし、プレイヤーに何を考えさせたいのか、また考えさせるためにどういった状況が必要なのかなどを検討しなければなりませんので、B72のプレイヤーとしての学習とは異なる経験ができます。今回の授業を通して生徒の皆さまには創造をすることがよい経験になることを期待しています。」とコメントしました。

◆防災教育ゲームB72とは◆

災害発生後72時間を想定したカードゲームで、60倍速の72分間で体験するカードゲームです。グループになってプレイするもので、2分ごとに1枚カードを引き記載された内容について話し合い進めます。
勝ち負けはなく、お互いの価値観や他者との対話を楽しめます。またB72は「地震発生時」、「台風発生時」など1種類ではなく複数のテーマごとに分けて作成されています。
ディスカッションと書かれたカードが含まれており、このカードを引いた際には班で必ず1つの結論を出さなければなりません。

(例:地震発生時をテーマとしたB72の一部)

関連リンク