このページのメインコンテンツへ移動
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. 重要なお知らせ一覧
  5. (重要)2021年度の授業実施及び学生生活について
学園・大学案内

重要なお知らせ

(重要)2021年度の授業実施及び学生生活について

2021年2月26日

学生のみなさんへ

副学長 原田正樹
教務部長 中村信次

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大という未曽有の事態により、2020年度は大学教育にとっても大きな試練の年となりました。本学では、2020年度はコロナウイルス感染防止対策と学修/教育活動の継続の両立を図るため、Zoom等のオンラインツールを用いた遠隔授業を中心とし、一部実習や演習科目、1年配当科目に限定して登校しての対面授業を実施いたしました。2021年2月下旬現在、新規感染者数はようやく減少の傾向を強くし、愛知県にも発出されている緊急事態宣言の解除も視野に入ってきている状況です。
 このような状況にかんがみ、4月5日に開始が予定されている2021年度の授業に関し、

「対面授業を中心として実施する」

という方針で臨むことといたします。

 もちろん、引き続きキャンパス内での感染防止対策を継続しなければなりません。キャンパスや教室に学生が集中して密になることを避けるために、一部科目をオンデマンド開講としたり、曜日等により登校する学年を制限するなどの対策を講じます。これにより、登校する学生の数を一定程度抑え、教室内での受講生間の空間的距離を確保します。ただし、感染拡大が再度深刻な状態になった際には、オンライン授業への切り替えを判断する場合があります。

 授業ごとの個別の対応は学部・学科により異なりますので、在校生・新入生対象のオリエンテーションにおいて、その詳細を必ず理解し、4月からの授業履修に問題のないよう努めてください。学生本人や同居家族に基礎疾患があり感染防止をさらに徹底しなければならない等、キャンパスに通って授業を受けることが難しい場合には、2020年度と同様、個別に配慮を検討します。また、大学以外での日常生活における感染防止対策の継続も大変重要です。オリエンテーションにおいて、学生生活上の注意も併せて行いますので、その趣旨を理解し、あらゆる場面での感染防止に努めてください。