このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. お知らせ一覧
  5. 本学協賛『東海市芸術劇場 木之下晃メモリアル』公募写真展「寿齢讃歌」作品募集
学園・大学案内

お知らせ

本学協賛『東海市芸術劇場 木之下晃メモリアル』公募写真展「寿齢讃歌」作品募集

2020年10月13日

 2021年2月26日(金)から3月14日(日)迄、東海市芸術劇場で、『木之下晃メモリアル』が開催されます。
 今年で5回目となるこの企画。本学は第1回目より協賛しています。
 茅野市美術館の協力により、音楽写真家 故木之下晃先生(本学客員教授・卒業生)の作品が展示されます。あわせて、同時に公募写真展『寿齢讃歌』も開催されます。
 只今、人生経験豊富な80歳以上の”人生のマエストロ”を写した作品を募集しています。(〆切は10月31日迄。)応募資格は、知多半島5市5町に在住、在勤・在学者で、プロアマは問いません。本学の関係の皆さんも是非ご応募ください。

 木之下先生は「音楽写真」というジャンルを切り拓き、カラヤン、マリア・カラス、小澤征爾など、1960年代から約半世紀にわたり世界中のクラシック音楽の巨匠(マエストロ)を撮影。「木之下ブラック」と言われたモノクロ作品からは「音楽が聴こえる」と絶讃され、写真家にも音楽家にも、高い評価を受けました。
 2015年に亡くなられ後も、各地で先生の写真展は開催されてきましたが、没後5年となる今年、10月1日よりフジフイルム スクエア写真歴史博物館で写真展が開催されています。