このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. (中部学就連主催企画)本学学生がセントレア業界セミナーに参加しました
学園・大学案内

トピックス

(中部学就連主催企画)本学学生がセントレア業界セミナーに参加しました

2018年02月19日

 中部地区の大学・短期大学91校で組織する中部学生就職連絡協議会連合会(以下、中部学就連※1)「企業と学生に関する部会」主催による「企業見学2017」が2月9日(金)に中部国際空港で開催され、本学を含む10大学の学生約40人が参加しました。

 企業と学生に関する部会は、企業と学生の交流により相互理解を深め、ミスマッチのない採用活動・就職活動を促進することを目的として2013年に構成され、本学を含めた会員校10大学の学生を対象とした業界研究セミナーを毎年開催してきました。今回の企画は、学生からの希望の多い空港業界に焦点を当て、空港内でビジネスを展開する企業などからの支援を受けて実施されました。まず、業界全体への理解を目的に、ECCエアライン学院より講師を招きエアライン業界セミナーが行われました。主要空港で展開する企業紹介やキャビンクルーやグランドホステスなどの職種の概要、過年度における採用試験のスケジュールなどが説明されました。また採用側が求めるチカラについても言及されるなど、具体的な情報が提供されました。

 航空機へのケータリング事業を展開する名古屋エアケータリング㈱によるセミナーが行われました。セントレアで唯一の機内食工場を持つ同社は、競争相手が世界各国にある機内食会社です。フライトスケジュールの順守と安全・正確の両立に向けた各セクションの取り組みが紹介されるとともに、新規メニューを開発して各航空会社に定期的なプレゼンテーションを行うなど、搭乗者の空の旅への満足度の向上に向けた活動が紹介されました。セミナーの最後には求める人物像について触れられると、学生たちは熱心にメモを取る様子がみられました。

 ◆学生たちには機内食が昼食として提供されました

 中部国際空港を舞台にJALグループの国内・国際線全便と外国航空会社の旅客サービス、運行支援、航空貨物取扱業務を受諾する㈱ドリームスカイ名古屋によるセミナーが行われました。空港サービスやエアカーゴサービスなどが担う業務内容について紹介された後、求められる語学力や勤務体系・キャリアプランなどが説明されました。また台風などのイレギュラーな状況下で臨機応変に対応しチームワークで事に当たることの大切さや、それを実現するために求められる洞察力の必要性を、担当者は学生たちに伝えました。その後、複数のグループに分かれて同社内の見学会が行われ、学生たちは無線機やモニターが多く並び、その横を社員が慌ただしく動き情報収集する姿に圧倒されていました。

 セミナーに参加した国際福祉開発学部3年の澁谷希望さんは、「興味のある分野の一つで、業界への理解を深めたくて参加した。担当者の話を聞くだけでなく社内を見学することができ、多くの発見や気づきがあり興味が志望に変わった。これまでも自己分析を進めてきたが、今後はさらに進めながら自分の強みが活かされる企業を探していきたい」と感想を話しました。

※1:中部学就連は、1967年12月6日に中部地区の大学と産業界との連絡提携をはかり、中部地区の各県学生就職連絡協議会等の事業を統合および調整し、学生の就職に関する諸問題について幅広く調査、研究および情報交換を行い、学生の就職全般にかかわる事項をより円滑に推進することを目的として設立されました(会員校は91校)。

関連リンク