このページのメインコンテンツへ移動
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 「ふくしAWARD 2016」を開催しました
学園・大学案内

トピックス

「ふくしAWARD 2016」を開催しました

2017年2月10日

 1月24日(火)に学内プレゼンテーションコンテスト「ふくしAWARD 2016」を開催し、応募44作品の中から最終審査に残った8作品(日本語部門4作品、英語部門4作品)のプレゼンテーションを行いました。
 ふくしAWARDには個人でもグループでも応募ができます。授業の一環で作品を制作するところもあれば、同じ関心を持つメンバーが授業時間外に集まり作品を制作するところもあります。今回、残ったのはすべてグループでの応募者でした。

 東海キャンパスのグローバルラウンジで、日頃、学生に海外や国際交流に関心を持ってもらおうと、アクティビティーの企画実施等を行うLearning Assistant(LA)の学生が司会を務め、会場を盛り上げました。

 日本語部門、英語部門の順に、関心を持って調べたこと、地域活動やそれを通して学んだことや問題提起など、様々なテーマの発表が行われました。普段はプレゼンテーションに慣れている学生も、大勢の聴衆と審査員を前にすると手が震え、その緊張感が伝わってきました。
 1グループの発表後には審査員を務める教員からの質問があります。英語部門の発表者は、発表だけでなく質疑応答にも英語で応じ、メンバーで協力して堂々と回答していました。日本語部門は日本人教員が、英語部門はネイティブの教員が審査員を務め、各発表に対して評価をつけます。 本会は一般公開もしており、地域の参加者の方からは、感想や応援メッセージをいただきました。

 ひととおりの発表が終わった後、表彰式を行いました。
 緊張の糸が解けたのか、当日を迎えるまでの練習などを思い返してか、うれし涙を浮かべて表彰に臨む学生もいました。
 全学教育センター長の中村信次教授から、「1年生でもしっかりしたプレゼンテーションで驚いた。更なる向上を目指すには、発表を楽しむことと内容のレベルアップが要である。」との講評がなされました。
 下級生には今回の先輩の発表内容や姿を見て、内容やプレゼンテーション技術のブラッシュアップを図り、来年の再チャレンジを期待しています。

「ふくしAWARD 2016」受賞作品

日本語部門

作品テーマ発表代表者
大賞
学長特別賞
紙芝居で広げる認知症と家族の輪 社会福祉学部2年
加藤美咲
準大賞子どもたちへの支援を考える
~未来ある子どもたちのために~
社会福祉学部1年
伊藤真彦
奨励賞熊本地震から学ぶこと子ども発達学部1年
村上摩実
入選子どもの体力の低下子ども発達学部1年
松木雅

英語部門

作品テーマ発表代表者
大賞“YES” doesn’t always mean ”YES” 国際福祉開発学部3年
山本由梨子
準大賞Scholarships - Take action for our future国際福祉開発学部2年
澁谷希望
奨励賞国際協力への第一歩 
The First Step International Collaboration
国際福祉開発学部1年
市川野乃
入選The Benefits of Music in your life国際福祉開発学部2年
亀口幸代

関連リンク