このページのメインコンテンツへ移動
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 日本福祉大学剣道部主催「中学校剣道部合同稽古会」を開催しました
学園・大学案内

トピックス

日本福祉大学剣道部主催「中学校剣道部合同稽古会」を開催しました

2016年9月21日

 8月25日に日本福祉大学 剣道部が美浜町立野間中学校、美浜町立河和中学校と南知多町立師崎中学校の剣道部員約60名との稽古会を開き、剣道を通じて交流を深めました。地域に密着した新しいスポーツ科学部の開設をひかえる今年は第6回目の「中学校剣道部合同稽古会」となりました。

社会福祉学部1年 鈴木佐知子(静岡県立袋井高等学校)

 中学生との稽古会では教える側に立って学んだことが多かったです。自分自身できていないことを中学生に教えることもあったので、自分と向き合うこともあり、貴重な経験をすることができました。
 またこのような機会があるときのためにも、課題を克服していきたいと思います。

河和中学校1年 伊藤幹弥

 先日は、稽古会を開いてくださり、本当にありがとうございました。自分は剣道を始めてまだ4ヶ月で、自分は何ができていないかもわからずに、もやもやしたままやっていた部分もありました。しかし、今回の稽古会に参加して、長く剣道をやってこられた大学生の皆さんが、経験の浅い僕にでもわかりやすい言葉で説明してくださり、それを実際にやってみるということをしていくにつれて、自分に自身がもてるようになり、思い切って打ちにいけるようにもなりました。これからも、皆さんに教えてもらって基本を忘れずに、残りの2年間で、今よりももっともっと強くなりたいと思います。

河和中学校2年 山本真央

 25日は本当にありがとうございました。私は、道場などに通っていないので、同じ中学校の人としか練習をする機会がありません。大学生の皆さんと練習をしてみて、やっぱり一つ一つの動きが速いなと思いました。私は、面などをきれいに打つことができないので、大学生の人に手を伸ばすようにしてしっかり打てばいいと言われ、次の練習からするようにしたらうまく打つことができました。合同練習に参加して本当によかったと思いました。今後は、言われたことをしっかり聞いて練習に生かしていければいいなと思います。あと、練習を何回も重ねて試合にも生かしていきたいです。

河和中学校2年 中川城太郎

 今回の稽古会に参加して、大学生の皆さんに学んだことがいろいろありました。まず、自分の構えが全然とれていなかったことが分かりました。あと、打った後の体制と胴の打ち方をしっかり教えていただきました。とてもわかりやすく、丁寧に教えていただいたので、すぐに次から意識して直そうと思いました。教えてもらったことを思い出して、今後は構えを直し、きれいで速い打ちができるように頑張って練習していきたいです。また、自分は背が高い方なので、高さをしっかり生かした動きができるといいと言われたので、そこも意識してやっていきたいです。