このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 今年度活躍した学生を励ます集いが開催されました
学園・大学案内

トピックス

今年度活躍した学生を励ます集いが開催されました

2016年1月5日

 日本福祉大学ではスポーツや学術文化、地域貢献活動など、課外活動においてすぐれた成果をあげた学生やサークル・団体を表彰しています。この制度は、学生保護者や通信教育部学生・法人等により組織される日本福祉大学後援会が行う学生活動支援助成に基づくものであり、今年度の授与式が12月19日(土)に美浜キャンパスで開催されました。

◆開会のあいさつを述べる神野重行後援会長(写真左側)

 会場となったコミュニティセンター3階多目的ホールには、学生やサークル顧問などおよそ150人が参集し、厳かな雰囲気に包まれるなか2部構成による式典が始まりました。第1部は、日本福祉大学後援会主催による課外活動援助事業贈呈授与式が行われました。開会の挨拶にたった神野重行後援会長(三重産業株式会社代表取締役)は、「後援会は今年創立35周年を迎えた。この間、大学セミナーをはじめとする文化的諸事業をはじめ、皆さんの課外活動や就職支援などの支援を行ってきた。スポーツだけでなく地域社会の一員として広く活躍されたことをとてもうれしく思う。学生生活を有意義に過ごしてもらい社会で羽ばたいてもらいたい」と学生にエールを送りました。その後、今年度の援助内容や贈呈品などを記した目録が、神野会長から二木立学長に贈呈されました。二木学長からは、後援会への感謝の言葉とともに、感謝状が神野会長に贈られました。

◆神野後援会長から二木立学長に目録の贈呈されました(写真左側)

 第2部は、学長表彰・学生部長賞表彰が行われ、スポーツ活動や学術文化、地域貢献活動ですぐれた成果をあげた4個人、9団体が表彰されました。また、美浜・半田キャンパスのサークル協議会に所属する36のサークルが、後援会による援助のもと活動に必要な備品の贈呈を受けました。受賞した学生たちに対して二木立学長からは、「まずは、大学後援会から物心両面の支援を受けていることを感謝する。学生の皆さんも支えられながら活動していることを忘れないでほしい」と語りました。

◆授賞式終了後にはJazz研究会の演奏のもと懇親会が行われました(写真右側)

 硬式野球部で平成27年度秋季リーグで首位打者を獲得した経済学部4年の岡鼻裕二さん(学長表彰・スポーツ活動)は、「首位打者を獲得することができたのは、長打を狙うことなくチーム全体でつなぐ野球に徹した成果。このような素晴らしい賞を受賞できたことを誇りに思う。この受賞をきっかけにして硬式野球部に入部してくれる後輩が増えてほしい。そして、私の地元からも後輩が入学してほしい」と感想を述べました。

関連リンク