このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 「テーピングで日常生活が楽になる」小林寛和教授が専門家の立場で解説
学園・大学案内

トピックス

「テーピングで日常生活が楽になる」小林寛和教授が専門家の立場で解説

2010年06月04日

 NHKの生活情報番組『ゆうどきネットワーク』に本学健康科学部の小林寛和教授が出演します。テーマは「テーピングで日常生活が楽になる」。テーピングは、元々はスポーツでケガをした人に施される痛み緩和、ケガ再発予防のためのものですが、それを応用して日常生活の歩行や立ち座りを楽に出来るものとしても活用されています。番組では足の疲れを予防したり、膝、腰の痛みを緩和してくれて、自宅で簡単にできるテーピング方法を紹介します。ぜひご覧ください。

◆本放送 平成22年 6月9日(水) 16:50~18:00 (出演は17:05~)

〈総合テレビ〉