›
 ›
 ›
就職決定者VOICE

経済学部 経済学科
就職決定者VOICE

トヨタ自動車株式会社

経済学部 経済学科
2021年3月卒業
高橋たかはし 峻也しゅんやさん 鳥取県/境高等学校 出身

経済に関する幅広い知識や視点を、
社会でも役立てていきたい。

ゼミでは金融機関を中心に学んだほか、喫茶店「コンパル」の商品開発に取り組みました。グループで議論を重ね、知多半島の食材を使ったレシピの考案から提案まで行い、採用いただくことができました。学生のうちにこのような貴重な経験ができたことは、自分にとって大きな糧となりました。経済学部ではさまざまな授業や活動を通して、視野が広がり、国内の経済情勢や社会への関心も深まりました。4年間で養った経済に関する知識や視点を基盤に、就職先でも力を磨いていきます。

中津川市(岐阜県)
行政職

経済学部 経済学科
2021年3月卒業
志津しづ 福音ふくねさん 岐阜県/中津高等学校 出身

地元を多くの人に住みたいと
思ってもらえる場所にしたい

経済学部では地域の経済や観光、空き家問題などを学んできました。3年次には岐阜県担当のキャリアアドバイザーの方に相談して、岐阜県内の市役所で働く卒業生をご紹介いただき、直接話を伺うことができました。自分のまちがよいまちになるように働いているという、その思いに強く共感し、公務員を志すことになりました。今後は地元中津川市の職員として、より多くの方に「住みたい、訪れたい」と思っていただける場所にできるよう頑張りたいと思います。

東海市(愛知県)
行政職

経済学部 経済学科
2021年3月卒業
鈴木すずき 和也かずやさん 愛知県/富田高等学校 出身

地域の人と共に、
東海市のにぎわいづくりに貢献したい。

東海市のデジタルマッププロジェクトや東海市かるたの制作など、地域の課題解決に向けた取り組みを積極的に学び、取り組んできました。地域経済について学びを深め、東海市の方とかかわっていく中で、東海市の人々のために働きたいという思いが強くなりました。先生やキャリア指導室の方からアドバイスをいただきながら公務員試験対策を進め、東海市役所に内定しました。地域の方々にも協力していただきながら東海市のにぎわいづくりを模索し、魅力ある都市にできるよう努めていきます。

あいち知多農業協同組合
総合職

経済学部 経済学科
2021年3月卒業
おく 涼太りょうたさん 愛知県/武豊高等学校 出身

サスティナブルな農業に向けて、
知多半島の人々を支えていきたい。

1年次から業界研究セミナーに参加。経営者やOB・OGの方の経験談は、将来のキャリアや仕事を考えるきっかけになりました。2年次には美浜町役場でインターンシップを経験し、地域の方を支える行政の仕事に興味を持つようになりました。東海市と連携して行っている竹灯籠の制作にも携わりました。就職活動では行政以外にも視野を広げ、あいち知多農業協同組合に内定。知多半島の農業を次の世代へとつないでいくことで、サスティナブルな農業を実現したいと考えています。

株式会社百五銀行
専門職

経済学部 経済学科
2020年3月卒業
宮原みやはら 涼輔りょうすけさん 三重県/尾鷲高等学校 出身

地域に根ざした銀行で、人々の幸せに貢献したい。

4年間を通して力を注いだのは、セントレアや知多半島、犬山市や長久手市などさまざまな現場でのフィールドワークです。地域に根ざして経済を学び、地域金融や地域福祉への関心が高まりました。そこで就職活動では、地方銀行や信用金庫を志望。キャリア開発課が開催するガイダンスや講座を積極的に活用して対策を万全にし、希望通りの就職を果たすことができました。大学で鍛えたコミュニケーション能力や実践力を活かし、地域の人々の心豊かな暮らしを支えたいと思います。

株式会社NTTドコモ
総合職

経済学部 経済学科
2020年3月卒業
羽田はだ 直生なおきさん 愛知県/至学館高等学校 出身

経済と福祉の学びを活かし、
よりよい社会をめざす。

2・3年次の約1年半の間、「東海市デジタルマッププロジェクト」に取り組みました。駅周辺の施設・店舗調査やイベント運営、ホームページ制作などに励み、仲間や地域の方々と協働。企画力、行動力、傾聴や交渉の力が鍛えられ、自分自身の成長を感じました。また在学中は、手話サークルや大学生協学生委員会の活動にも熱中。多くの人と学び合う経験も重ねました。就職先でも挑戦心を燃やして手話の言語化など新しいサービスを創り、社会をよりよく変えていきたいと考えています。

ANA沖縄空港株式会社
グランドハンドリング

経済学部 経済学科
2020年3月卒業
梅原うめはら 世奈せなさん 京都府/南丹高等学校 出身

大学で培った力を、安心安全な運航につなげる

経済学の多様な分野を学び、最も興味を持ったのが「消費者経済」。ゼミでは、消費者問題に関する出張授業を小学校で実施しました。子どもたちにも理解できるようクイズを交え、SNSやオンラインゲームなどのトラブル対策や商品のエコマークなどを解説。相手の目線で考える力や仲間と協力する力が養われた、貴重な経験になりました。就職先においても、チーム力が大切になります。航空機の誘導やお客様のお出迎えなどの業務に真剣に取り組み、安全なフライトを支えたいと思います。

名古屋市(愛知県)
行政職

経済学部 経済学科
2019年3月卒業
小澤おざわ 蒼生あおいさん 愛知県/刈谷東高等学校出身 出身

「個」を尊重しながら
共生する地域づくりをめざして。

地域でのフィールドワークや教育実習を通して、地域社会を活性化させ人の役に立つ仕事をしたいと考えるようになりました。日本福祉大学は、やる気のある学生をとことん支援してくださいます。行動すれば必ず誰かが見ていてくださり、右も左もわからなくても適切なアドバイスやサポートをしてくださいます。公務員試験対策の各種講座も中身が濃く、本当に役に立つ内容でした。おかげで自信を持って就活・試験に臨むことができました。これからも自分の力の届く範囲を着実に広げ、より大きな範囲で人の役に立つ仕事ができるよう努めていきたいと思います。