このページのメインコンテンツへ移動
人

「ふくし」は人

在校生、卒業生、教職員など本学に関係する“人”をクローズアップします。

子どもの意思を大切に、
一緒に楽しみ、きちんと叱る。

水越 朱音さん

子ども発達学部 2015年3月卒業
愛知県/尾北高等学校 出身
北名古屋市
保育士

子ども発達学部WEBサイト

※所属や肩書は当時のものです。

 今年受け持っている3歳児は、新人時代に受け持った、当時の1歳児。言葉も足どりもおぼつかなかった子どもたちが、「先生大好き!」「一緒に遊ぼう!」と駆け寄って来る姿を見ると、保育士になってよかったと心から思います。ほかの子をたたいたり、危険なことをしたりした子には、きちんと理由を聞いて一緒に解決を図ります。話を聞くことで、やってしまった子どもの立場がわかり、どうすればやらなくなるかも考えられます。おもちゃの取り合いでけんかになると、「あなたも使いたいよね、でも相手の子も使いたいと思うよ」と間に入ることも。何度も経験を重ねるうちに、自分から「貸してあげる」と譲る姿を見ると、その成長に感動します。身近に小さな子どもがいない環境にいた私が、このようにメリハリをつけた接し方を身につけられたのは、職場の先輩保育士さんの姿と、大学の実習やボランティアサークルで保育園や養護施設の子どもたちと関わる経験を豊富にできたおかげ。実習先の子どもたちが、砂場でつくったお山に穴を掘って水を流すなど、私には思いつかないような自由な想像力で遊びを創り出していた姿も印象に残っています。大きな可能性を秘めた子どもたち。その意思を大切にしながら、成長を手助けしていきます。

保育士採用者数
中部8県で第3位

朝日新聞出版『大学ランキング2019年版』を元に独自集計
※中部8県:東海4県と長野・富山・石川・福井県

(キャンパスガイド2019より転載)

このページの上部へ