このページのメインコンテンツへ移動
人

「ふくし」は人

在校生、卒業生、教職員など本学に関係する“人”をクローズアップします。

福祉の現場で人と向き合った、
その体験があるからこそ。

松原 英美さん

社会福祉学部 2009年3月卒業
愛知県/名古屋大谷高等学校 出身
三井住友銀行
名古屋支店
マネーライフコンサルタント

社会福祉学部WEBサイト

※所属や肩書は当時のものです。

 老若男女さまざまなお客様に、円や外貨の預金や投資信託・保険による資産運用をお手伝いするのが私の仕事です。高齢の方なら相続対策、若い方には毎月の貯蓄方法、独身の方の場合は有利な運用など、人生のお金にまつわるお悩みや計画のご相談にのり、最適なご提案をします。大学で学んだ福祉と銀行はまったく違う世界のようで、どちらも目の前の人が望む豊かな暮らしを支える仕事。大学時代に実習やボランティアで福祉施設などの現場へ積極的に足を運び、高齢者から子どもまで幅広い世代の人と接した経験も役立っています。特に高齢のお客様と視線の高さを合わせゆっくり明瞭に話す接し方が、距離を縮め信頼関係を築くことにつながり、ご家族を紹介いただいたこともあります。福祉を学んだ視点で見ると、人は年齢を重ねればアナウンスの声が聞き取りづらくなるし、ATMの操作や書類の記入などちょっとした手続きもわずらわしく感じるようになるものです。近い将来、管理職にキャリアアップし部下をマネジメントする立場をめざしていますが、もう一つの目標は、高齢の方の負担感が和らぐような接客を周囲に伝えていくこと。私にとってあたりまえのことを、そうではない人たちにも少しずつ伝播させていけたらと思っています。

幅広い分野で活躍する卒業生

福祉法人への就職が多いと思われがちな本学卒業生ですが、現実には約4割が企業に就職。業界・業種も多彩です。また医療機関や公務員・教員など、幅広い分野に卒業生は就職しています。

(キャンパスガイド2019より転載)

このページの上部へ