このページのメインコンテンツへ移動
  1. トップページ
  2. 「ふくし」を思う
  3. 新井 博教授 研究紹介1
知

「ふくし」を思う

研究・教育活動、地域連携・社会貢献の取り組みを紹介します。

研究紹介

私のスキー史研究から伝えたいもの

新井 博教授

日本福祉大学スポーツ科学部

スポーツ科学部WEBサイトへ

※所属や肩書は講演当時のものです。

はじめに

 はじめまして、4月に開設されたスポーツ科学部の新井博といいます。これまでの私の研究を簡単に紹介します。研究の対象はスポーツで、「スポーツ史」という分野になります。スポーツについて歴史的に研究を行う分野です。中でも、雪上を滑るスキーに関しての歴史的な研究を行ってきました。大学院時代までスポーツクラブについての文献研究を行っていましたが、地方大学に就職したことをきっかけにフィールドワークを始め、町や村でスキーについての生の資料に触れる醍醐味を味わい、今日まで続けています。直接、資料に触れる研究方法が自分に合っていたのだと思っています。約30年間のスキー史研究の内容について、大凡10年刻みに主な研究について紹介します。

最初10年間、北陸地方の用具史を絡めた新しいスキー史

 福井県に赴任した時、北陸地方ではスキーの歴史が殆ど研究されていないことから、発祥地新潟県からのスキー導入や広まりについて、スキー板やストックといった用具の供給を含めて研究を始めました。用具の視点を研究に取り入れたのは、私のオリジナルでした。用具が無ければスキーは出来ず広まらないわけですから、後でまた詳しく。

 真の目的は、明治44年オーストリア(墺国)の軍人レルヒ少佐により新潟県高田で紹介されたスキーが、高田から全国に広まった仕組みを北陸地方に注目して解明することでした。広まりの背景、パイオニア、推進組織、併せて用具の供給(製造や販売から)を柱にして調べてきました。新たに用具の供給を柱に加えた理由は、その辺の石や棒切れを用具にして、近代スポーツをすることは出来ません。ボールやラケットなど手の込んだ用具が必要で、さらに場所・施設も必要なのです。ところが、従来のスポーツ史研究の対象は、日本への導入、教材、各種スポーツ、人物・思想、外国スポーツ、女性スポーツ、オリンピックなどでしたが、その中で用具は意識されていませんでした。私が用具を意識した30年前頃は、スポーツが高度化や大衆化する上で、用具の進歩や製造まで重視されていなかったのです。

広まりの分析に用具史を加えて見えたこと

 福井県での普及は、大正3年高田の講習会に参加した大野中学校の体操教師桑原耕太がスキー技術を習得し、用具を持ち帰ったことからでした。以後、桑原は高田から用具を取り寄せながら、大野中学校で生徒たちに広めていきました。しかし、大正時代末から学外にも広まり、大野スキークラブが誕生し県内全体に広めました。2・3年の内に4・5個のクラブが県内に誕生し、町内スキー大会から県下スキー大会まで開催されました。

 大正末から昭和5年頃迄の急速な広まりの背景の1つには、政府がスポーツ分野でも人々をまとめる目的(スポーツ政策)で、役人・教員・青年団によるスキークラブがスキーを広めたことが挙げられます。また、大野で大工から身を起こした用具製造業者が4軒誕生したことから、高田から用具を取り寄せずに済んだことが県内に広まるポイントでした。大正14年に製造販売を始めた尾崎氏は当時のことを「東京で丁稚奉公をしていた時、新潟辺りでスキーが大流行、必ず全国的になるから福井に戻りスキー作りを始めた」と述べていました。

続く10年間、パイオニア・レルヒ研究

 研究を始めて間もない頃、当然、研究済みだと思っていた肝心の日本への導入について解明されていない事実に気づき、びっくりしました。従来の研究は明治44年オーストリアの軍人レルヒ少佐が高田で紹介したと記しているだけで、彼の生立ち、スキー経験、来日経緯、来日中の指導の経緯、来日中スキー以外の活動、帰国後の人生などは不明でした。これでは日本スキーのルーツが分からないばかりか、何処かで繋がっている筈の世界の近代スキー史と日本のスキー史が分断されたままです。「何時か、自分の手で解明しよう」と思いながら研究を続けていると、在外研究によるオーストリアで10 ヶ月間の研究機会を貰いました。「千載一遇のチャンス」とばかり、渡航前2年間を準備にあて、在外中はレルヒの誕生から死去まで足跡を辿り、生立ち、スキー経験、来日理由、帰国後の様子など来日中のこと以外は、詳しく調べました。これ程充実した資料を集める日々を送ったことは、後にも先にもないと思っています。帰国してからは、持ち帰った資料読みとレルヒの日本滞在中の活動を全力で調べましたが、レルヒ研究に要した時間は合わせて5年以上になりました。

(2017年8月15日発行 日本福祉大学同窓会会報119号より転載)

このページの上部へ