このページのメインコンテンツへ移動
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 2022年度「かがやけ☆あいちサスティナ研究所」への学生参加と成果発表会について
学園・大学案内

トピックス

2022年度「かがやけ☆あいちサスティナ研究所」への学生参加と成果発表会について

2022年12月21日

 2022年12月11日(日)に「かがやけ☆あいちサスティナ研究所」の成果発表会が開催され、健康科学部 福祉工学科 建築バリアフリー専修3年の仲田暁(なかたさとる)さんが登壇しました。

 この取組は、愛知県が「未来のあいちの担い手となる大学生が、グローバルな視点を持って継続的にエコアクションを実施できるよう、パートナー企業・団体から掲示された環境面での取組に関する課題に対し、大学生が研究員となって現場での調査や企業・団体担当者とのディスカッションを実施し、解決策を提案する」もので、今年で8回目を迎えました。

 仲田さんは6月から同取組の研究員として参加。「チーム・コメダ」に所属し、他大学の学生ら4人とともに「お客様が心からくつろげる、サステナブルな店舗を企画せよ」の課題に取り組みました。
 提案された解決策は「古民家を使用したコメダin南知多」。
 人とのつながりや地域を大事にしているコメダ。一方で地域課題としての空き家問題。双方の課題に貢献できる解決策を立案。木造建築物、中庭・縁側などの解放感に着目した他、ワーケーションスペースやマルシェの併設など、交流を促す工夫も取り入れました。【SDGs 8・11・17の目標に対応】
 仲田さんは、古民家カフェのイメージを可視化するために数種類のパースを制作するなど、大学での学びを生かしてチームのプレゼンテーションにも貢献しました。

成果発表会の様子

チーム・コメダ
(仲田さんは後列左から2番目)

参考

2022年度パートナー企業・団体(計8団体)

株式会社加藤建設、株式会社コメダ、株式会社サンゲツ、敷島製パン株式会社、豊島株式会社、西尾信用金庫、株式会社バローホールディングス、ホーユー株式会社

2022年度研究員所属大学(計39名)

愛知学院大学、愛知教育大学、愛知工業大学、愛知淑徳大学、金城学院大学、椙山女学園大学、星城大学、大同大学、中部大学、名古屋経済大学、名古屋市立大学、名古屋大学、南山大学、日本福祉大学、人間環境大学、三重大学、名城大学