このページのメインコンテンツへ移動
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 一般社団法人日本伴走型支援協会との包括連携協定締結式を開催しました
学園・大学案内

トピックス

一般社団法人日本伴走型支援協会との包括連携協定締結式を開催しました

2022年6月21日

左から児玉善郎学長、丸山悟理事長、
奥田知志 一般社団法人伴走型支援協会共同代表 理事、
高橋尚子 一般社団法人伴走型支援協会事務局長

 6月15日、東海キャンパスで一般社団法人日本伴走型支援協会との包括連携協定締結式を開催しました。伴走型支援はコロナ禍で生活が困窮し、家族や地域が支え合う機能が脆弱化して社会的孤立が深刻化する中で、「繋がり続けること」を目的とした支援として重視されています。また厚生労働省も、地域共生社会の推進における対人援助の重要なアプローチと位置付けています。

 本学は伴走型支援士養成を始めるにあたり、同協会との連携・協定のもとでオンラインによる「伴走型支援基礎講座」を開講するとともに、今後研究や政策提言等を含めて同協会と包括連携協定を締結することとしました。 締結式に出席した児玉善郎 学長は「大学としてはリカレント事業として取り組ませていただくので、ふくしマイスターを持った卒業生たちが今回の講座を受けることによって、さらなるスキルアップを図ることに繋がっていくと思っている」と述べました。

 10月1日より本学が開講する伴走型支援基礎講座と、今冬に日本伴走型支援協会が開講予定のスクーリングの二つのプログラムを修了することにより「伴走型支援士」として認定されます。

参考リンク