このページのメインコンテンツへ移動
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 【社会福祉学部】「地方自治論」の遠隔講義(Zoom配信)で、自治体職員の講演会を行いました!
学園・大学案内

トピックス

【社会福祉学部】「地方自治論」の遠隔講義(Zoom配信)で、自治体職員の講演会を行いました!

2021年12月24日

 2021年12月1日・8日(水)の2週にわたり、社会福祉学部後期科目「地方自治論」において、Zoomを用いたゲストスピーカーによる講演会が行われました。本学では、地域の実践の場から学ぶ地域志向教育を全学的に推進しており、地方公務員の一端を知るということもあわせて、当該科目において実施されました。

 12月1日は、兵庫県庁に勤務されている高橋桐子さんを、8日は、大阪府門真市役所で働かれている江田寛さんを、それぞれゲストスピーカーに迎え、「地方自治体のお仕事など」というテーマのもと、社会福祉学部生約100名が熱心に受講しました。

 受講生には将来公務員や公共関連の仕事を志望している学生が多く、自らのキャリアプランニングも兼ねて、非常に熱心に学び、質問などを投げかけていました。

 このように、社会福祉学部では、実社会と繋がった「活きた学問」の展開を図り、地域住民や生活者の立場・視点を感じ取る力などをこれからも涵養していきます。

*兵庫県・高橋さんによるZoom講義

*門真市・江田さんによるZoom講義

受講学生の感想(抜粋)

◎高橋さんのこれまでの職場の一覧を見て、2~3年ごとに異動があるためとても多いと感じたし、異動=転職にあたるかもしれない、一部の専門家的なものになるということは難しいと分かった。2~3年の異動といった様々な仕事に携わることが出来るといった利点もあれば、異動先の仕事が希望通りであることや自分に向いている仕事ばかりではないともわかった。1つの仕事の知識が他の仕事に役立つこともあるといったことがあるともわかった。

◎ゲスト講義の話を通して、都道府県の県庁と市町村の市役所の事務内容の違いを過去に学んだ講義内容と比較しながら改めて理解をし直すことができた。公務員職の魅力としては、多岐の仕事・業務に関わることができ、出会いを始め様々な視点を持ちながら仕事に従事できる点が他の職種にない強みであると感じた。また、仕事で学んだことをプライベートに活かすという視点は必要であると感じた。

◎市役所、町役場などは、自分の身近にあるので、イメージしやすいが、県庁は市役所や町役場に比べて、イメージが湧きにくいというか、遠いイメージがあった。今回の話を聞いて、幅広い分野で色んな活動をしていることが分かり、将来、公務員を目指している私にとって、とても貴重なお話が聞けたと感じた。

 (担当教員:社会福祉学部行政専修・田中優)

社会福祉学部ではSNSでも大学や授業の様子を配信しています

Instagram