このページのメインコンテンツへ移動
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 【社会福祉学部】医療カンファレンスを実施しました!
学園・大学案内

トピックス

【社会福祉学部】医療カンファレンスを実施しました!

2021年12月20日

 12月17日、2年ぶりとなる医療専修恒例の模擬カンファレンスが開催されました。医療専修3年生が主役の一大イベントです。各ゼミの学生が医療ソーシャルワーカー、精神保健福祉士、医師や保健師、市の職員、当事者などに扮して、当事者支援に向けての協議をするというものです。3年生は、大教室に結集し、4年生と2年生はZoom参加しました。

 今回の模擬カンファレンスのテーマは、8050問題を抱えた三人家族の父親の退院と家族のサポート支援です。前半は、長年引きこもり暴力を振るうようになった息子のサポートについて、後半は、クモ膜下出血で障がいの残る父親の退院・退院後に向けた支援について、それぞれ精神保健福祉士役の学生や医療ソーシャルワークの学生が進める形で、検討が行われました。2週間前のリハーサルと比べると雲泥の差で学生たちの底力を感じさせます。それぞれのカンファレンス後、参加した学生から多数の質問や感想が寄せられましたが、カンファレンスの重要性を痛感していたようです。教員からのコメントでは、今年度で本学を退職されるソーシャルワーク研究の第一人者である田中千枝子先生から含蓄あるすばらしい話もあり、大いに盛り上がりました。途中、藤田医科大学との他職種連携科目のアセンブリに参加した学生からの報告があり、カンファレンスにおける他職種連携の重要性の理解がさらに深まりました。参加者全員にとって大変有意義な3時間でした。カンファレンス終了後には、田中先生に感謝の意を込めて、花束が贈呈されました。

社会福祉学部ではSNSでも大学や授業の様子を配信しています

Instagram