このページのメインコンテンツへ移動
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. お知らせ一覧
  5. 本学協賛『東海市芸術劇場 木之下晃メモリアル』公募写真展 「寿齢讃歌(じゅれいさんか)」作品募集
学園・大学案内

お知らせ

本学協賛『東海市芸術劇場 木之下晃メモリアル』公募写真展
「寿齢讃歌(じゅれいさんか)」作品募集

2021年10月15日

※クリックで拡大します

今年で6回目となる 木之下晃メモリアル 公募写真展「寿齢讃歌」。
今年も東海市芸術劇場で、2022年2月25日(金)から3月13日(日)に開催されます。
現在写真作品を募集しています。【応募期間:10月1日(金)~11月30日(火)】

木之下晃【1936年~2015年:写真家 本学卒業生・元客員教授】

「音楽写真」というジャンルを切り拓き、カラヤン、マリア・カラス、小澤征爾など、1960年代から約半世紀にわたり世界中のクラシック音楽の巨匠(マエストロ)を撮影。「木之下ブラック」と言われたモノクロ作品からは「音楽が聴こえる」と絶讃され、写真家にも音楽家にも、高い評価を受けました。
「長く生きてきた人の人生からにじみ出る“風貌”こそ、最高の芸術、歳を重ねた人は皆“人生のマエストロ”」と言われていた 木之下先生が「日本福祉大学で福祉を学んだからこその、自分の福祉活動」として、仕事の傍ら、ライフワークとして取り組まれたのが「寿齢讃歌」の写真展。2005年より長野県茅野市美術館で始まり、先日16回目が開催されました。2016年から東海市芸術劇場でも開催されています。

関連記事長野県茅野市美術館で『寿齢讃歌-人生のマエストロー写真展16』開催