このページのメインコンテンツへ移動
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 教育実践研究センターと奥田小学校の連携によるトワイライトスクールが開始されました
学園・大学案内

トピックス

教育実践研究センターと奥田小学校の連携によるトワイライトスクールが開始されました

2021年10月7日

 美浜町立奥田小学校で新たにトワイライトスクールが開始され、教育・心理学部 板垣賢二教授と教育・心理学部学生5名が参加して第1回が実施されました。
 トワイライトスクールとは、放課後を利用して子ども達に学びや体験の機会を提供する取組です。本学所在地である美浜町と奥田小学校、本学教育実践研究センターが連携し、今回のトワイライトスクールが実現しました。

 第1回では、4~6年生の児童が参加し、板垣教授による算数ゲーム「どっちの位でショー」を実施しました。小学校で学ぶ「位」について、ゲーム方式で「楽しく学ぼう」という企画で、算数は身近で楽しいものだと感じてもらうことが狙いです。学年ごとにチームを組み、各チームで引き当てた数字カードを使って千の位までの数字を作り競い合うゲームで、参加した児童は引き当てた数字に一喜一憂しながら数の学びを楽しんでいました。

 ゲームの後は、「お兄さんお姉さん先生に聞いてみよう」と題して、学生が児童の宿題をサポート。学生たちは真剣なまなざしで、子どもたちの質問にこたえていました。最後に、司会を板垣先生から学生にバトンタッチして「どっちの位でショー」を実施。学生チームも加わって、子ども達と競いながら楽しんでいました。今回のトワイライトスクールは、子どもたちだけでなく、教員を目指す学生の実践の場とすることも目的としており、学生にとっても貴重な時間となりました。

 トワイライトスクールは、月2回を目途に実施を予定しています。今後も子どもたちと学生がともに成長する場となるよう、取り組んでいきます。