このページのメインコンテンツへ移動
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 【経済学部】株式会社豊田自動織機 室殿豊 氏をゲスト講師に迎え、経営者特別講義を開催しました
学園・大学案内

トピックス

【経済学部】株式会社豊田自動織機 室殿豊 氏をゲスト講師に迎え、経営者特別講義を開催しました

2021年6月23日

 経済学部では3年生向けの専門科目として「経営者特別講義」を開講しており、本科目では企業や自治体等のトップ経営者をゲスト講師として招き、企業・事業体の経営理念、経営戦略、マネジメントの要点などの経営哲学や戦略を学びます。6月16日(水)には8人目のゲスト講師として、株式会社豊田自動織機 室殿豊 氏をゲスト講師にむかえ、講義いただきました。

 株式会社豊田自動織機は、我が国を代表する発明家である故豊田佐吉氏によって設立されました。世界最大規模の自動車メーカーであるトヨタ自動車株式会社の源流の会社です。トヨタグループ16社の構成や成り立ちについて触れつつ、グループの精神になっている豊田綱領についてご説明頂きました。特に、「研究と創造に志を致し 常に時流に先んずべし」「障子を開けてみよ、外は広いぞ。」など設立当時から最新のモノづくりを世界に目を向けて実現する精神を絶やさなかったことが印象的でした。

 また、ご自身の専門分野である、人事・労務管理について、昨今求められている労働分野のトレンド(働きかた改革等)に触れつつ、豊田自動織機の具体的な制度を交えて解説いただきました。人事の基本理念の中でも特に、「公平性・一貫性」を重んじ、企業に勤めるすべての人が納得感のある制度設計をすることを通して、安心して、研究・開発・製造といった本業に取り組むことができることをご説明頂きました。

 学生には、「グローバルな社会では、どんな時でも自分の意見を発信できるようにならないといけない。授業でも就職面接でも、果敢に質問や意見を発信してほしい」というメッセージをいただきました。

 また、人事部として現在実務に携わる、山下太己人事部労政室総括グループ長より、近年の人口動態に則し、働く世代が働きやすいように、「育児」「介護」が必要など多様化する従業員の状況に合わせて職場復帰しやすい環境をつくる人事制度の具体例をご説明頂きました。

 学生からは、「男性でも育児休暇を取得しているのか」など多数の質問がだされました。

 次回は日本製鉄株式会社 隨念学 名古屋製鉄所総務部長にご講義いただきます。

今後の予定

実施日 テーマ(企業・法人) 講師
4/14(水) 南砺市 市長
田中幹夫 氏
4/21(水) 豊田通商株式会社 CSO補佐 CHRO
濱瀬牧子 氏
4/28(水) 株式会社中日新聞社 名古屋本社代表 常務取締役
真能秀久 氏
5/12(水) あいち知多農業協同組合 常務理事
山本敏明 氏
5/19(水) 株式会社岡島パイプ製作所 代表取締役社長
岡島威彦 氏
5/26(水) 名古屋鉄道株式会社 常務執行役員 鉄道事業本部副本部長
岩切道郎 氏
6/2(水) 株式会社ホテルマネージメントジャパン 代表取締役
荒木潤一 氏
6/16(水) 株式会社豊田自動織機 元 専務取締役
室殿豊 氏
6/23(水) 日本製鉄株式会社 名古屋製鉄所 総務部長
隨念学 氏
6/30(水) 中部国際空港株式会社 代表取締役社長
犬塚力 氏
7/7(水) 株式会社三菱UFJ銀行 常務執行役員
中本智 氏
7/14(水) 東海市 市長
花田勝重 氏

関連リンク