このページのメインコンテンツへ移動
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 国際福祉開発学部×付属高校「Global Fukushi StudiesⅡ」を開催しました
学園・大学案内

トピックス

国際福祉開発学部×付属高校「Global Fukushi StudiesⅡ」を開催しました

2021年6月21日

 6月17日、国際福祉開発学部の留学生5名が付属高校の2年生160名と交流しました。この取り組みは日本福祉大学と付属高校の国際交流事業として2019年度から開始し、この日も付属高校の2年生総合進学コースとグローバル英語コースの生徒が学ぶ授業「Global Fukushi StudiesⅡ」の地域社会の理解の一環として行われました。
 留学生はそれぞれの母国の文化や日本福祉大学に入学した理由を紹介。その後はクラスごとに分かれ、生徒たちから留学生への質問タイムとなりました。
(留学生の国籍:スリランカ・インドネシア・ネパール・ベトナム・フィリピン)

 留学生は生徒らがどれだけ母国のことを知ってくれているか、国の位置や首都の名前などをクイズ形式で尋ねるなどして会場を盛り上げました。

ソブエ カースティ シャーロット准教授あいさつ(左上写真)と留学生のプレゼンの様子

 生徒らは後半の質問タイムで「日本の文化で驚いたことは何か」と質問するなど、短い時間の中でも異国の文化を熱心に学んでいました。

生徒から留学生への質問タイム