このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 公務員育成チャレンジプロジェクトがスタートしました
学園・大学案内

トピックス

公務員育成チャレンジプロジェクトがスタートしました

2018年04月20日

 社会福祉学部行政専修では、正課外プロジェクト「公務員育成チャレンジプロジェクト」をスタートさせました。このプロジェクトは、卒業後に公務員として就職を目ざす行政専修の学生を主な対象に自治体関係者をキャンパスに招き、仕事の内容や抱える課題を学生たちと共有するだけでなく、その解決に向けてグループワークを学生たちが行い、幾度かのフィードバックを経て提言としてまとめていくものです。一連のプロセスの経験により、公務員を目ざす理由を明確にすることで、主体的な学習姿勢を醸成することを目的としています。

 4月19日に行われたオリエンテーションでは、行政専修の1年を中心におよそ70人が参加しました。社会福祉学部行政専修長の末盛慶准教授から、企画の目的や、プロジェクトに愛知県・東海市・美浜町の担当者が参加することが紹介されました。そして各自治体が抱えるいくつかの課題の解決に向けて、学生たちがアイデアを出し合い議論を重ねた上で、提言として発表していくことが説明されました。その後、希望をもとに県市町単位でグループ分けが行われるとともに、次回までの課題として、各自治体の概要や組織体系を調べて、それぞれの違いをまとめておくことが学生たちに提示されました。末盛准教授は、「みんながこのプロジェクトで努力すればするほど、自治体の方から「このアイデアは参考させてもらうね」と直接言っていただける可能性が高まる。このような機会はなかなかない。楽しみながら、本気で取り組んで欲しい」と学生たちにエールを送りました。

関連リンク