このページのメインコンテンツへ移動
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 夢人党・創部10周年の記念公演を開催しました
学園・大学案内

トピックス

夢人党・創部10周年の記念公演を開催しました

2012年3月12日

 日本福祉大学の鳴子踊りサークル「夢人党」は2003年の創部以来、毎年8月に名古屋市内で開催される「にっぽんど真ん中祭り(どまつり)」への参加や地域のイベント・お祭り、福祉施設等への出演・公演を重ねてきました。2005年に開催された第7回どまつりでは、演目『海感(かいかん)-美浜の夏物語-』が大賞に輝き、夢人党の活躍は広く知れ渡るようになりました。
 今年、創部10周年の節目を迎える夢人党は3月4日(日)、これまでの活動を振り返りつつ、今後の一層の活躍をめざして「夢☆コレ2012~いままでありがとう、これからもよろしく!!~」と称した記念イベントを開催しました。会場の美浜キャンパス文化ホールには、夢人党の現役メンバーとOB/OGに加えて、どまつりで演舞を競い、磨き合う鳴子踊りチームも集まりました。「夢☆コレ2012」では、新旧の夢人党チームが上演するだけでなく、ゲスト参加のチームも演舞を披露、そして鳴子踊りの魅力の一つである衣装を全チームが披露するファッションショーも行われ、当日の雨空を吹き飛ばすような熱気でした。

◆会場内では夢人党の活動や歴代作品を写真やスライドショーで紹介する催しもありました

 オープニングセレモニーで挨拶に立った近藤直子副学長は「夢人党は本学では歴史の浅いサークルですが、この10年間、どまつりや様々なよさこいイベントでの活躍に加えて、福祉施設などでの公演や地域でのよさこい教室の開催など、日本福祉大学らしい活動を続けています。」と称賛。夢人党代表の大久保雅弘さん(子ども発達学部2年)は「見てくださる人々の笑顔が僕たちを幸せにしてくれます。一人でも笑顔になってもらえるなら、夢人党はずっと踊り続けます!」と、閉会の挨拶で元気よく宣言しました。

◆最初に演技を披露したのは夢人党2010による『HOME~ここにあるもの~』

◆ゲストチームによる演舞には豪華絢爛、勇壮さや彩、可愛らしさなど、あらゆる要素がありました

◆ゲストチーム(左側)と歴代夢人党のファッションショーも華やかに行われました

◆後半は夢人党2005『海感-美浜の夏物語-』、2009『夢Shibuki』、2011『夢色DAYS』が上演されました

◆フィナーレを飾った総踊りでは会場全体で踊りが繰り広げられました