このページのメインコンテンツへ移動
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 美浜町日本福祉大学家主組合より2011年度課外活動表彰をいただきました
学園・大学案内

トピックス

美浜町日本福祉大学家主組合より2011年度課外活動表彰をいただきました

2012年2月23日

 1983年に美浜キャンパスへの総合移転を行った日本福祉大学は、地元の方々と築いた協力体制によって美浜町、南知多町内海、武豊町の3地域での指定アパート制度を設けています。この制度によって2100室もの学生専用アパートが運用され、居室の提供にとどまらず、日常生活の相談や支援もいただける、親代わりのような存在になっています。
 このうち、美浜町日本福祉大学家主組合では、学生の課外活動に対する顕彰制度も実施しています。学生の活動が多様化するなか、その対象を下宿学生に限定せず、様々な取り組みの意義や成果に基づいて選考し、奨励金を給付いただいています。地域の方々による学生の課外活動奨励・支援制度は他大学にはないユニークかつ貴重なものです。2011年度の表彰式は2月22日(水)に美浜キャンパスで行われ、8団体・1個人が表彰されました。

◆家主組合長の都筑長武さんから表彰を受けた受賞者の皆さん。
「これに満足せず継続して取り組み、また表彰いただけるくらいの成果を目指します」と、思いを新たにしていました。

団体の部

美浜観光プロジェクト(地域交流活動)

 美浜町の観光客誘致活動を提案し、野間灯台の観光名所化となるモニュメント「絆の音色」の協同制作に参加しました。地域活性化のパートナーとして美浜町からも高い評価をいただきました。

いもやプロジェクト・オリジナルパンの共同開発(地域交流活動)

 地元農家の協力もいただきながらサツマイモやミカンの栽培・収穫を行い、それらを用いたオリジナルパンやスイーツを大学生協と共同で開発しました。

岐阜県御嵩町活性化研究会(地域交流活動)

 先輩たちの5年間に及ぶ御嵩町での取り組みを引き継ぎ、新名物「みたけラーメン」の開発を手掛け、町内ラーメン店での販売を実現しました。岐阜県や国土交通省による地域活性化の表彰も受けています。

総合演習Ⅰ・社会福祉基礎演習Ⅰ朝日ゼミ(地域交流活動)

 岐阜県御嵩町の夏まつりで、子どもたちと竹製の灯篭を作ったり、御嵩駅前で大型の雛人形を制作し、まちの賑わいづくりに貢献しました。年間を通して御嵩町で活動し、本学が地域において親しまれる存在になりつつあります。

福祉機器未来創造研究会(ボランティア)

 福祉機器シンポジウムや展示・体験イベントを開催する一方、ユニバーサルデザイン食器の大学生協食堂への導入や、バリアフリー証明写真ブースの学内設置などを実現しました。

AICHI for 3.11(ボランティア)

 東日本大震災を受けて、愛知県内の大学生に呼びかけ、地域防災活動や被災地・被災者支援活動に協同で取り組んでいます。赤い羽根共同募金の助成を受けた被災地へのボランティア派遣事業を実施する予定です。

女子ソフトボール部(スポーツ)

 愛知県ソフトボール選手権大会に参加する一方、美浜町において小学生ソフトボール教室を開催したり、小学生大会の審判補助、高校生との合同練習を行うなど、地域スポーツ交流活動にも力を入れています。

児童文化部あかとんぼ(文化)

 美浜町および知多地域において保育所や児童館、子ども会の行事に出向き、集団あそび、人形劇、ゲームなどの企画・運営を継続して行っています。こうした活動を経て、知多地区の子育て支援地域交流会にも参加し、地域からの評価を得ています。

個人の部

中村美穂さん(ボランティア)

 本学の災害ボランティアセンター主催「萩の花プロジェクト」メンバーとして活動する一方、他大学や各地で開催される災害復興支援プログラムにも積極的に参加し、プレゼンテーションも活発に行い、本学の災害ボランティア活動の活性化と質の向上に寄与しています。