日本福祉大学大学院
社会福祉学研究科
心理臨床専攻


修士論文テーマ一覧

・  2018年度修了
・  2017年度修了
・  2016年度修了
・  2015年度修了
・  2014年度修了
・  2013年度修了
・  2012年度修了
・  2011年度修了
・  2010年度修了
・  2009年度修了
・  2008年度修了
・  2007年度修了
・  2006年度修了

 

2018年度修了

  • 友人関係欲求不満場面における過剰適応傾向者の感情表出のあり方
  • 感情労働が介護職のメンタルヘルスに与える影響について
  • ジェンダー、セクシュアリティのあり方を他者から受容される体験についての検討 −自尊心に与える影響に着目して−
  • いじめ傍観者と中立者の分岐要因の検討 −過敏性自己愛傾向を通して−
  • 青年の自閉スペクトラムと孤独・疎外 −「一人でいること」からの関係性の考察−
  • 高校の教育相談係が困難事例に対応する体験プロセス −SCコンサルテーションとの関わりから−
  • 大学生におけるアレキシサイミア傾向と感情への恐れおよび体験の回避との関連
  • 曖昧さへの態度が精神的健康に与える影響について −レジリエンスとの関連から−

↑ この欄の先頭へ戻る

 

2017年度修了

  • 児童養護施設職員が子どもとの関わりの中で体験する感情に関する研究−対処方法と職員関係に着目して
  • 中学校におけるキャリア・ナラティヴ・アプローチ導入の試み−ロールレタリングを介して−
  • 大学生における死生観と死別経験との関連−生の側面に注目して−
  • 乳児との相互作用における親の心理過程−父親母親の主観的体験の検討を通して−
  • 多元的な自己意識における過剰適応
  • 空想の友達の出現と消失に及ぼす要因についての検討
  • 大学生の友人グループにおける居場所感−ひとりぼっち回避規範に着目して−
  • 音楽聴取に伴うイメージに関する研究−抑うつ傾向の高低による検討−
  • 統合失調症の同胞をもつきょうだいの心理的成長過程に関する研究
  • 消費生活相談員と相談者の心理関係−自立と依存の相克−
  • 中学生の自尊感情と相互作用とストレス反応の関連

↑ この欄の先頭へ戻る

 

2016年度修了

  • 青年期の賞賛獲得欲求・拒否回避欲求と感情の認知と就職活動ストレスの研究
    −感情の認知に着目して−
  • 大学生における被災地支援ボランティア活動への参加と自己変容
  • 企業ではたらく若年層労働者の部下から上司への援助要請行動が抑制される要因について
  • 特別支援学校教師のバーンアウト、協働的効力感、援助要請スタイルに関する研究
    〜知的障害特別支援学校に焦点を当てて〜
  • 大学生の友人関係継続性に関する研究
  • メンターの存在がレジリエンス向上に及ぼす影響について
    〜家族間の外傷体験に着目して〜
  • 非行抑制と親の養育態度の関連について
  • 怒りコントロールが復職準備性に与える影響
  • 不登校経験への肯定的意味づけが生じる過程について
    −不登校経験を持つ大学生を対象に−
  • 新社会人の3年以内の離職にともなう心理的な問題と心理療法の可能性
  • 犯罪被害者遺族は事件後、いかにして自らの生きる意味を再構築するか

↑ この欄の先頭へ戻る

 

2015年度修了

  • 壮年期男性に対する継続的集団コラージュ法の試み
    −職場メンタルヘルスにおける自己表現の功罪をめぐって−
  • インターネット上の友人が青年期の友人関係に与える影響について
  • 知的に遅れのないASD児を持つ母が捉える思春期以降の母子の関係性
    −母親からの聞き取りを通して−
  • 大学生のアイデンティティと死の不安の関係に関する研究
  • 面接初期におけるクライエントの内的体験の考察
  • 臨床心理士のカウンセリング場面における信じる−疑う体験についての一研究
  • 独居後期高齢者の骨折入院から再適応に向かう心理過程
  • 中年期女性の子育て困難の対処のプロセスと自己変容
  • 不登校経験者の居場所としてのフリースペースの心理的役割
    −成人期からの振り返りを通して−
  • 発達障害通級指導教室における仲間コラージュ療法の効果

↑ この欄の先頭へ戻る

 

2014年度修了

  • プラダ―・ウィリー症候群の障がいと現状
    −養育者のメンタルヘルスの検討−
  • 現代青年の友人関係と恥の関連について
  • 児童養護施設における心理療法担当職員の存在意義
  • 現代青年におけるスピリチュアリティと死生観
  • 大学生におけるインターネット使用の心理的影響について
    −対人関係に着目して−
  • キレ衝動抑制方略の使用とその抑制傾向
    −自己存在感の希薄さという観点から−
  • 高校生の悩みと教師に対する援助要請
    −援助要請抑制要因と「信頼感」との関連−
  • 父親への愛着が青年期に与える影響
    −親性準備性の観点から−
  • 子育て期における内的作業モデルの変容についての研究
  • 青年期の居場所に関する質的研究
    −学校段階での内的体験に着目して−
  • レジリエンスと日常的ライフイベントの関連
    −ポジティブライフイベントに着目して−

↑ この欄の先頭へ戻る