このページのメインコンテンツへ移動

日本福祉大学経済援助給付奨学金

以下は2019年度の募集内容です。今後、一部変更となる可能性があります。

※2020年度及び2021年度は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う学生・ 大学院生の学びの継続を保障する総合支援策の一環として、「経済援助給付奨学金」の既存制度の枠を拡大して実施しています。(文科省「高等教育修学支援新制度」の適用を受けていないが、経済的に困窮している学生を対象(詳細は在学生向けに別途案内)に、2021年度は前期80名、後期70名に奨学金25万円を給付(既存制度は前期20名、後期20名))。

募集にあたって

対象 学部生:通学課程の正科生・大学院:修士課程(通学)在学者
※入学初年度前期は申請できません。
募集人員 前期…20名程度
後期…20名程度
(数字は2019年度の募集人数です。)
給付額(一括) 25万円
選考 受付・選考は前期・後期それぞれの学費納入期限前に行う。
応募方法、出願募集等は学内掲示でお知らせします。

出願事由(必要に応じて事由を証明する書類の提出を求める場合があります。)

  1. 本奨学金を受給することで学業継続が可能となる学生で、次のいずれかに該当する者
    1. 家計支持者の収入が前年に比べて激減し、学業継続が困難になった者
    2. 特段の事由で、経済状況が継続的に特に厳しい者
    3. 親(家計支持者)の経済力に頼ることができずに自活している学生で、事故・病気等のやむを得ぬ事由で生活・学業の維持が困難と認められる者
  2. 本学に在学している学生で、勉学に熱意を有し学業に真剣に取り組んでいる者
  3. 何らかの奨学金の貸与を受けていること
    1. 日本学生支援機構の奨学金の貸与を受けている者
    2. 自治体・財団・その他の貸与奨学金を受けている者
  4. 経済援助学費減免奨学制度A奨学生(2016年度以降入学生)は応募できません