日本福祉大学 健康科学部

学部Topics

 

2013年度Topics / 2012年度Topics / 2011年度Topics / 2010年度Topics / 2009年度Topics / 2008年度Topics

2009/03/21 情報社会科学部 卒業記念パーティーを半田キャンパスで実施

 3月21日、美浜キャンパスにて学位記授与式がおこなわれ、今年度も多くの学生が就職・進学とそれぞれ新たな一歩を踏み出しました。学位記授与式終了後、情報社会科学部は半田キャンパスにて在校生主催による卒業記念パーティーを実施しました。

全盲という障害を持ちながらも情報社会科学部の総代を務めた外谷さんと岡川学部長
 
     
美浜キャンパスでの式後にもかかわらず多くの学生が参加してくれました。
     
 
 
先生・職員・在校生から卒業生へのメッセージ
   

▲このページのトップに戻る

2009/03/19 理学療法学専攻・作業療法学専攻 見学実習(3月)の報告会を開催

 3月に行った見学実習の報告会を3月9日(理学療法学専攻)、3月19日(作業療法学専攻)に開催しました。理学療法学専攻は1週間、作業療法学専攻は2週間、現場での実習を通じ自らの将来像・職業像を肌で感じることで、報告する学生の姿は実習前に比べて一回り大きく成長したようでした。各学生の報告を受け、専攻内で活発な質疑応答・意見交換がなされました。

理学療法学専攻報告会の様子(3月9日)

同級生の報告から学ぶ事も多く、真剣にメモを取る学生
     
報告の合間の笑顔 見学実習のひとコマ


作業療法学専攻報告会の様子(3月19日)

学んできた事について要点をまとめ丁寧に報告する学生
 
報告に対する先生からのアドバイス
 


▲このページのトップに戻る

2009/02/28 特色GP「知多生涯学習フォーラム」を開催しました!

 文部科学省の特色ある大学教育支援プログラム(通称:特色GP)に採択された「知タウンシップによる教育イノベーション」の一環として、2月28日(土)に知多生涯学習フォーラムを開催しました。
  このフォーラムでは、半田市・常滑市・大府市の生涯学習や公民館事業に参画してきた中川晴夫研究室の学生ら14名がフォーラム実行委員会を立ち上げ、企画から準備、運営の全てに携わったことが特徴として挙げられます。
  当日は、「協働の学びによる大学と地域の活性化を目指して」をテーマに、これまでの活動内容をビデオフォーラムとして披露されたほか、中川晴夫教授による基調提案、市民活動支援団体の代表者や学生らによるシンポジウムなど、活動を通じて得られた成果や課題が次々に挙げられました。また、質疑応答にも十分な時間が設けられたため、壇上のみならず会場の参加者とも活発な意見交換が行われました。
  参加者は、在学生、卒業生、自治体の生涯学習・公民館担当者、一般市民など130名にのぼりました。なかには、東京や長野から駆けつけてくれた卒業生もいました。また、自治体関係者の参加も多く、大学生の社会参加や大学と地域の協働取組に対する関心の高さがうかがえました。
 

▲このページのトップに戻る

2008/12/22 クリスマスパーティーが開催されました。

 12月19日(金)、学生団体イベントオフィス主催によるクリスマスパーティーが半田キャンパス内のコミュニティーセンター棟で一足早く開催されました。
 美しいイルミネーションで彩られ開放的な雰囲気の中、学生が企画したビンゴやゲームなどが行われ、終始クリスマスムードいっぱいの楽しいパーティーとなりました。

▲このページのトップに戻る

2008/12/22 情報社会科学部 卒業研究発表会(1/31、2/1)開催のご案内

 日本福祉大学情報社会科学部(半田キャンパス)の4年生全員が4年間の学習・研究の集大成である卒業研究のプレゼンテーションを1月31日(土)・2月1日(日)の2日間実施します。
 この卒業研究発表会は、1995年入学の第1期生以来毎年実施しており、今回で第11回となります。卒業研究のテーマは、「プログラミング」、「データベース」、「人間工学・ユニバーサルデザイン」、「環境問題」、「地域づくり・まちづくり」、「企業の経営戦略」、「福祉機器・福祉用具」、「高齢者・障害者問題」、「心理学」、「生涯学習」など地域社会等との積極的な連携・交流をも含んだ幅広い分野を予定しています。
 2月1日(2日目)14時からは学部教員による推薦、審査によって選抜された8件の卒業研究を対象とした「優秀論文発表会」を開催します。優秀論文発表会では企業・団体、高等学校等の外部審査員を招き、最優秀賞・優秀賞等を選考します。
 ご父母、卒業生の方はもちろん、高校生、一般の皆様のご来校を歓迎します。学生の学習・研究成果をお聞きいただき、ご意見をいただければと思いますので是非ご参加下さい。

■ 2008年度情報社会科学部卒業研究発表会

日 時 2009年1月31日(土)、2月1日(日)
両日とも9時30分〜16時30分
*2月1日(日)14時より優秀論文発表会を開催します。(下参照)
会 場 日本福祉大学半田キャンパス 教育研究棟
半田市東生見町26-2

<優秀論文発表会>

日 時 2009年2月1日(日)14時〜16時30分
会 場 日本福祉大学半田キャンパス 教育研究棟 101教室
半田市東生見町26-2
交 通 スクールバス(無料)
@名鉄知多半田駅 東口バス乗り場発 8時55分、10時35分、12時50分
AJR大府駅 西口バス乗り場発 8時40分、10時20分、12:30分
その他の交通手段
お問合せ先 半田事務室 TEL(0569)20−0111 FAX(0569)20−0119
またはこちらより

▲このページのトップに戻る

2008/12/18 作業療法学専攻 3月の見学実習に向けて事前学習を実施中

 作業療法学専攻では1年時の3月に、保健・医療の各分野の臨床現場でその対象者と対象者を取り巻く環境について理解を深め、作業療法士が所属する施設や機関で果たす役割と課題、治療または支援チームの中で求められる事柄の実際を見聞することを目的とする見学実習を実施します。

 現在、学内において経験豊富な臨床実習指導教員のもと、より専門的な観察ができるように実例を通じた事前学習を実施しています。

 1年生後期より学内では基礎科目から専門科目へと段階的に学習が進む中で、この見学実習によってより具体的な作業療法・作業療法士像をイメージ化し、高い志向性を持って専門学習に臨む機会となります。

 

▲このページのトップに戻る

2008/12/12 在学生VOICEを掲載しました

2008/10/28 教育実習棟を掲載しました

2008/10/26 第5回福祉機器アイデアコンテスト入賞者発表

 「第5回福祉機器アイデアコンテスト」にたくさんの応募をいただきまして、誠にありがとうございました。応募総数は19校から438作品でした。このようななか、審査の結果下記のみなさんがご入賞されました。おめでとうございました。

  また、10月26日(日)に、半田キャンパスにおいて福祉機器アイデアコンテストの表彰式を開催し、受賞者から作品に込められた思いをご紹介いただきました。

詳細はこちら→


アイデアコンテスト受賞者

▲このページのトップに戻る

2008/10/26 オープンキャンパス&生涯学習フェスティバルを実施しました!

 10月26日(日)、半田キャンパスにおいて秋のオープンキャンパスと生涯学習フェスティバルが実施されました。
 オープンキャンパスでは、日本福祉大学の特徴と各学部学科の説明や入学試験のポイントの紹介、健康科学部のテーマ別体験教室、教員や在学生による相談会、施設見学を実施したほか、全国の高校生を対象に募集した「福祉機器アイデアコンテスト」の表彰式を開催しました。
 生涯学習フェスティバルは、日本福祉大学生涯学習センター講座の受講生や市民活動団体、在学生などが、地域住民へのおもてなしと参加者間の交流を楽しむ年に一度のお祭りです。展示・交流・体験ブースのほか、パフォーマンスや模擬店などが出展されました。また、知多半島地域の小中学生を対象とした「作文コンクール知多の子どもたちからのメッセージ」の表彰式を開催しました。あいにくの小雨模様でしたが、800名を越える来場者に恵まれ、半田キャンパス全体が熱気にあふれていました。


映像視聴、ものづくり体験に真剣な眼差し


外では子どもたちがクラフトや木工を楽しんだ


作文コンクール受賞者


手打ちそば、チヂミ、たこ飯などの模擬店


中国や古文書などの書物も多く展示

▲このページのトップに戻る

2008/10/25 スポーツ大会を開催しました

 10月25日(土) 半田キャンパスでスポーツ大会を開催しました。天候にも恵まれ、グランドではフットサル、体育館ではバレーボールの熱戦が繰り広げられました。

▲このページのトップに戻る

2008/08/24 オープンキャンパスを開催しました(8月24日)

 健康科学部がある半田キャンパスのオープンキャンパスを8月24日(日)に開催しました。天気が心配されましたが、当日は見事に晴れ。暑い中、先回(7月)よりも多くの受験生、父兄の方々にご参加いただきました。
先回に引き続き、日本福祉大学の特徴と各学部学科の説明や入学試験のポイントの紹介、健康科学部のテーマ別体験教室、教員・在学生による相談会、施設見学などを実施しました。その他、学生プロジェクトによるオープンキャンパスの中継や「みやだ情報発信事業」活動紹介も行われるなど、内容盛り沢山のオープンキャンパスとなりました。キャンパス内には熱意を持って説明・紹介を行う教員・学生と、真剣な眼差しで聞き入り質問する受験生・父兄の熱気が溢れていました。

【今回実施したテーマ別体験教室のご紹介】

・健康科学部リハビリテーション学科

理学療法学専攻 1)スーパーマンの力って何?−吊下げ歩行で再起−
2)動作の検証 ヒトVSコンピュータ
3)転倒って力不足??
4)運動って何が起こっているの?

作業療法学専攻 1)作業療法の世界へようこそ!食事動作についての考えと福祉用具を体験してみよう!

介護学専攻    1)介護を科学する

・健康科学部福祉工学科

健康情報専攻   1)生活を支援するテクノロジー@
2)生活を支援するテクノロジーA
3)ホームネットワーク体験

バリアフリーデザイン専攻
1)障害を疑似体験してバリアフリーを学習しよう
2)新しいビオトープ作りと生き物の住み場所としての知多半島
3)模型で体験する安全な家
4)環境と福祉からバリアフリーを考える

今後のオープンキャンパスは下記の日程で実施します。今回参加できなかった方、もう一度参加してみようかな?という方、ぜひご参加ください。

・半田キャンパス 10月26日(日)

・美浜キャンパス 11月8日(土)

※オープンキャンパス詳細情報は こちら

▼本学の特徴と学部学科説明

暑い中、参加いただいた方へかき氷のプレゼント

▼一般学力試験(英語)対策講座

オープンキャンパスの様子を中継

▼健康科学部リハビリテーション学科−テーマ別体験教室

<理学療法学専攻>
●運動って何が起こっているの?

<理学療法学専攻>
●転倒って筋力不足??

<作業療法学専攻>
●作業療法の世界へようこそ!

<介護学専攻>
●介護を科学する−食生活編

▼健康科学部福祉工学科−テーマ別体験教室

 

<健康情報専攻>
●生活を支援するテクノロジー

<バリアフリーデザイン専攻>
●環境と福祉からバリアフリーを考える

▲このページのトップに戻る

2008/08/23 情報教育研究会 第4回研究大会が開催されました

 コンピュータ利用の教育や、情報教育および数学教育について教育現場で日々直面している問題・課題を持ち寄り、問題解決・ノウハウの共有をはかるための「情報教育研究会第4回研究大会」を8月23日(土)に開催しました。4回目の研究大会となる今回、教員(小・中・高校 対象)の方々に加え、本学健康科学部の教員、健康情報専攻学生および教科情報の教員を目指す学生が参加し、現在の高校教育・大学教育の実践に伴う報告(教育実践報告)に耳を傾け、グループディスカッションではとても活発な討議が行われました。

▼講演(教育実践報告)の様子@

▼講演(教育実践報告)の様子A

▼グループディスカッションの様子

 

 

▲このページのトップに戻る

2008/08/01 地域住民向け「自助具製作」体験講習を実施しました(7月28日)

 平成18年度に採択された「特色ある大学教育支援プログラム」(特色GP)の「知タウンシップによる教育イノベーション」の一環として、自助具の研究をしている渡辺研究室の学生らが、NPO法人「夢netはんだ」と連携し、知多半田駅前の半田市市民交流センターのスペースを利用して、地域住民向けに「自助具製作」体験講習を7月28日に開催しました。

 参加した地域住民はものづくりに取り組んでいる市民活動団体の関係者や社会福祉施設の関係者など12名。学生スタッフ8名がサポートして、ストローホルダーとペットボトルホルダーの製作に取り組みました。参加者からは、「自助具とは必ずしも専門的なものではなく、身近で取り組みやすい」、「カラフルなアクリル板がかわいらしく、子どもたちも喜びそう」と、製作した自助具に満足されていました。

 今回の取組が好評だったことから、9月に第2回目の体験講習の開催を予定しています。また、NPO法人「夢netはんだ」では、学生が製作した自助具を展示し、自助具普及の啓発活動にも取り組んでいますので、ぜひ一度お立ち寄り下さい。


自助具製作講習の様子

ペットボトルホルダーの製作風景

製作したホルダーの使い心地を確認

「夢netはんだ」で展示中の自助具

▲このページのトップに戻る

2008/7/30  「情報教育研究会 第4回 研究大会」について

2008/07/25 インターネット中継「みやだ情報発信事業2008」を実施しました!(7月19日)

 半田キャンパスの学生プロジェクト「地域づくりプロジェクト」「インターネット放送局」、そして「学生有志」が集まって、毎年実施してきた「みやだ情報発信事業2008」が、7月19日(土)に実施されました。

 「みやだ情報発信事業」は、日本福祉大学と包括協定を結んでいる長野県宮田村の「津島神社祗園祭」の迫力と魅力を発信するために始められたインターネット放送事業です。今年で10年目を迎えた同事業では、宮田村の自然や産業、歴史の魅力も伝えようと、「宮田村の観光ルート・観光スポット」「宮田豆腐を使った料理」「宮田村の名物丼(紫輝彩丼)」「宮田村での自然体験(釣り)」「昨年度の未公開映像も交えた祇園祭の歴史」など、5つの短編番組を制作し、放送を通じて紹介されました。また、祇園祭のメインイベントである「神輿破壊」では、4台のカメラを駆使して、迫力ある映像が配信されました。

 当日参加した学生は14名。また、これまで同事業に取り組んだ卒業生も9名が集まりました。天候に恵まれた一方で、本部内の室温は38度を超え、機器トラブルによって放送が一時中断されることもありましたが、卒業生もサポートしながら、無事に7時間の放送を終えることができました。

 7月14日(月)から開始された予告編ビデオの配信をあわせると、約200名の方が視聴されました。今年度も「みやだ情報発信事業」を通じて、祇園祭の迫力や宮田村の魅力を伝えることができたのではないでしょうか。

 

▼学生集合写真

▼中継本部の様子

▼中継の様子@

▼中継の様子A

▼神輿破壊の様子

▲このページのトップに戻る

2008/07/22 オープンキャンパスを開催しました(7月20日)

  健康科学部がある半田キャンパスのオープンキャンパスを7月20日(日)に開催しました。当日は美浜キャンパス・半田キャンパス同時開催。多くの受験生、父兄の方々にご参加いただきました。
  日本福祉大学の特徴と各学部学科の説明や入学試験のポイントの紹介、小論文試験対策講座などを実施。2008年4月に開設した健康科学部(リハビリテーション学科、福祉工学科)のテーマ別体験教室では、各学科専攻の学習を実際の体験を通して分かりやすく紹介しました。同時に教員による学習相談では「健康科学部ではどんなことが学べるのか?」「将来、どんな仕事につけるのか?」「仕事内容は?」など。個別進路相談会では「受験難易度は?」「下宿はどのような所があるのか?」など、みなさんの質問・疑問に幅広くお答えするための企画を多数実施しました。

今後もオープンキャンパスを下記の日程で実施します。今回参加できなかった方、もう一度参加してみようかな?という方、ぜひご参加ください。
  ・半田キャンパス 8月24日(日)、10月26日(日)
  ・美浜キャンパス 8月23日(土)、11月8日(土)
  ※オープンキャンパス詳細情報はこちら→

▼本学の特徴と学部学科説明


▼学力試験対策講座【英語】

▼一般推薦入試対策講座

▼健康科学部リハビリテーション学科−テーマ別体験教室
<理学療法学専攻>
●運動って何が起こっているの?
−からだの温度が上がる?下がる?なぜ??−
<理学療法学専攻>
●転倒って筋力不足??

<作業療法学専攻>
●食事動作についての考えと福祉用具を体験してみよう!
<介護学専攻>
●介護を科学する−介護は力仕事?

▼健康科学部福祉工学科−テーマ別体験教室
<健康情報専攻>
●生活を支援するテクノロジー
<健康情報専攻>
●生活を支援するテクノロジー

<バリアフリーデザイン専攻>
●小住宅の設計

<バリアフリーデザイン専攻>
●新しいビオトープ作りと生き物の住み場所としての知多半島

▲このページのトップに戻る

祝! 北京パラリンピック出場 車椅子バスケットボール
宮島徹也選手 壮行会開催!

  情報社会科学部人間福祉情報学科2年宮島徹也さんが、9月6日開会の北京パラリンピックの車椅子バスケットボール日本代表に選出されました。出身地である富山県の車椅子バスケットチームで活躍し、本学に進学後も日々の練習、国内外の大会の出場など、学業と両立しながら頑張っています。世界で活躍する宮島さんを応援すべく壮行会を開催します。

<宮島徹也選手壮行会>

  【日時】 2008年7月23日(水)12:40〜13:10
  【場所】 日本福祉大学半田キャンパス(半田市東生見町)
コミュニティセンター2階ラウンジ
【次第】 (1)開会の挨拶
(2)宮島選手入場
(3)学長挨拶
(4)宮島選手決意表明
(5)閉会の挨拶
     トレーニングルームにてデモンストレーション

▲このページのトップに戻る

2008/07/14 「自助具製作」体験講習の開催について

  日本福祉大学では、平成18年度に採択された「特色ある大学教育支援プログラム」(特色GP)の「知タウンシップによる教育イノベーション」事業により、大学生と地域住民がともに学びあい、教えあう取組を推進しています。その一貫として、自助具の研究をしている渡辺研究室の学生らが、NPO法人「夢netはんだ」と連携し、知多半田駅前の半田市市民交流センターのスペースを利用して、「自助具」製作体験講習を開催されます。
  渡辺研究室では、これまでに自分たちが作成した自助具の展示や、地域住民の皆様からの自助具相談に応じるなどの活動を進めています。地域住民の皆様に自助具への理解を深め、自助具の簡便さを体験していただく機会として企画されましたので、関心のある方はぜひご参加くださいませ。

注)自助具とは、誰もが自身の力で日常生活を少しでも快適に過ごすための工夫が施された器具や道具のことを指し、日常の「もう少し○○だった便利なのに」という利用者ニーズにあわせて簡単な道具を製作します。

  日  時 : 2008年7月28日(月) 19:00〜21:00
  場  所 : クラシティ半田3F 半田市市民交流センター 活動ルーム
〒457-0857 愛知県半田市広小路町90番地 *名鉄「知多半田駅」前
内  容 : @自助具について考える
Aストローホルダーの製作体験
Bペットボトルホルダーの製作体験
  対  象 : 自助具に関心のある方ならどなたでも
*材料費として500円が必要です
*お車の場合、駐車料金は自己負担になります


▲このページのトップに戻る

2008/07/11 今年も7月19日に祇園祭をインターネット中継  「みやだ情報発信事業2008」始動

  半田キャンパスの学生たちでつくる「地域づくりプロジェクト」、「インターネット放送局」、「学生有志」があつまって、毎年実施してきた「みやだ情報発信事業」も今年で10年目を迎え、いま、その準備が進んでいます。「みやだ情報発信事業2008」は、日本福祉大学と包括協定を結んでいる長野県宮田村の津島神社祇園祭を中心に、学生たちがインターネット中継などを使って、宮田村を紹介する取り組みです。

昨年は一週間にわたって祇園祭の様子をweb上で配信するとともに、「地域、祭、自然」をテーマにしたVTR映像を公開し、好評でした。

今年は7月19日(土)16:00〜23:00、祇園祭での「神輿破壊」をメインとした生放送を予定しています。また、これら生中継に加え、「旅」「料理」「グルメ」「釣り」「歴史」の5つのテーマで制作した短編番組を配信し、宮田村を紹介する予定です。

本学情報社会科学部3年の平岡さんを代表とする「みやだ情報発信プロジェクト」のメンバー(13名)は今月18日、宮田村に入り、本部設置を予定しています。

詳しくは、http://www.475.jp/miyada2008/へアクセスを

 

▲このページのトップに戻る

2008/07/07 七夕祭り、盛況! 7月3日 半田キャンパスにて。

 半田キャンパス恒例の七夕祭。今年は7月3日(木)午後3時からスタートしました。半田キャンパスの大学祭として位置付けられ、地域の風物詩にもなっているこの七夕祭も、今年で第10回目を迎えました。今回のテーマは「gobetween 〜架け橋〜」。人と人との繋がりや出会いを大切にしようという意味がこめられています。

 午後3時20分、予定より少し遅れて、半田キャンパス図書館棟前に設置されたステージからスタートしました。岡川健康科学部長が開会の挨拶を述べ、この七夕祭を運営するサークル、イベント・オフィスの代表が挨拶したあと、ステージ上では、バンド演奏やパフォーマンスが続き、キャンパスの芝生のテント、通路や教室などでスタンバイしていた模擬店や各コーナーも一気に盛り上がりました。特徴的なのは、地域の人たちの姿や子どもたちの参加が目立ったこと。スタートした時点では、細かな雨でしたが、それもまもなく上がって、次第に参加者がふえ、模擬店などで使う”もぎりチケット”の販売コーナーの前は長蛇の列。二時間ほどで「完売」のアナウンスが流れたほどでした。

 暗くなると、キャンパス内に設けられた提灯やライトが場内を彩り、夏の祭りらしい雰囲気をかもし出しました。今年の半田キャンパスの七夕祭も、テーマにふさわしい取り組みとなったようです。

 この日の参加者は延べ600人、盛況のうちに幕を閉じることができました。

 

【お問い合わせ先】
日本福祉大学 半田事務室〔担当:大西〕
〒475-0012 愛知県半田市東生見町26-2
TEL(0569)20-0111 / FAX(0569)20-0119
E-mail:maki-o@n-fukushi.ac.jp

 

▲このページのトップに戻る

2008/06/27 半田キャンパス・七夕祭を開催!

7月3日(木)に半田キャンパスにて七夕祭を開催します。

七夕祭は、半田キャンパスの学部祭として位置付けられ、1999年にスタートして、今年で記念すべき10回目となります。学生団体(イベントオフィス)が主体となり、学生生活の中でも大きなイベントである夏の恒例行事の七夕祭の準備に取り組んでいます。

毎年多くの地域の方に参加いただき、学生との大切な交流の場となっています。

昨年は、願いを込めた短冊を竹にかけ、七夕らしい雰囲気の中、飲食やゲームなどの模擬店やステージでのクイズ大会やライブなどで、参加された方々に楽しんでいただきました。

今年も、子どもからお年寄りまで、どなたでも楽しんでいただける企画を用意しています。今年は、「Go Between(かけはし)」というテーマの下、地域の方たちを始め多くの方に参加いただきたいと、学生の想いがたくさん詰まった七夕祭となるでしょう。当日は、お気軽にお越しください。

半田キャンパス 七夕祭2008
「Go Between(かけはし)〜七夕祭が人と人との「かけはし」になるように願いを込めて〜」

日時:7月3日(木)15:00〜21:00

場所:日本福祉大学 半田キャンパス(半田市東生見町26-2)   →アクセス

企画:模擬店・第2回ニッコレ・ステージ企画・ビンゴ大会・サークル対抗企画
クイズ大会など多数

参加費:無料(模擬店での飲食・ゲーム等は当日チケットの購入をお願いします)

 

【お問い合わせ先】
日本福祉大学 半田事務室〔担当:大西〕
〒475-0012 愛知県半田市東生見町26-2
TEL(0569)20-0111 / FAX(0569)20-0119
E-mail:maki-o@n-fukushi.ac.jp

 

▲このページのトップに戻る

2008/5/12  進路発見セミナーを開催しました(5月11日)

 5月11日(日)、半田キャンパスで「進路発見セミナー」を開催しました。「大学ではどんなことが学べるのか?」「将来、どんな仕事につけるのか?」「仕事内容は?」など、高校生のみなさんの「知りたいこと」「聞きたいこと」にお答えするための企画を多数実施しました。なかでも、健康科学部テーマ別体験教室では、福祉工学科、リハビリテーション学科各専攻の学習を実際の体験を通して分かりやすく紹介しました。

 夏のオープンキャンパスにおいても、多くのテーマ別体験教室を実施しますのでご期待下さい。

▼しごと体験講座「ものづくりにかける」
(株)齋藤工業・齋藤清隆 氏
▼しごと体験講座「理学療法士のしごと」
汐止クリニック・水谷小夜子 氏
▼英語セミナー
▼AOガイダンス
▼テーマ別体験教室(健康科学部福祉工学科)

▼テーマ別体験教室(健康科学部リハビリテーション学科)



 

▲このページのトップに戻る

2008/4/10  新入生セミナーを実施しました(4月4〜5日)

健康科学部新入生セミナーは、フィールドワークや先輩の講話等から学習の意義を明確にするとともに、クラスの仲間や教職員、上級生との交流を深めることにより、大学生活を順調にスタートすることを目的として4月4日(金)〜5日(土)の1泊2日で実施しました。入学したばかりの新入生も、セミナー終了時にはすっかり打ち解けていました。

▼福祉工学科バリアフリーデザイン専攻は、ATOLIS PARK刈谷(トヨタホームの体験型ショールーム)で住まいの構造や福祉住環境などについて学習しました

▼リハビリテーション学科介護学専攻は、なごや福祉用具プラザ(社会福祉法人 名古屋市総合リハビリテーション事業団)で最先端の福祉用具を体験しました。

▼夕食後、本学卒業生の方から大学生活の学習や思い出、現在の職業など新入生にメッセージをいただきました。

▼レクリエーション企画・バレーボール大会は、各専攻の応援も白熱しました。作業療法学専攻のチームが優勝しました。

2007/12/1  日本福祉大学は、6学部9学科へ 新たに2学科の開設が認められました


▲このページのトップに戻る

2013年度Topics / 2012年度Topics / 2011年度Topics / 2010年度Topics / 2009年度Topics / 2008年度Topics

 

CGI