教員紹介

竹村 瑞穂 准教授

TAKEMURA Mizuho

担当予定科目
スポーツ哲学、スポーツ倫理学
専門分野
スポーツ倫理・哲学、身体倫理・哲学
研究テーマ
身体的エンハンスメントに関する倫理学的研究、
遺伝子ドーピング/テクノロジードーピングに関する倫理学的研究、
身体の自由論、人身(person)所有権論

自己紹介

趣味
読書(平野啓一郎、三島由紀夫)時代劇
特技
スポーツ観戦(箱根駅伝・テニスなど)
休日のすごし方
最近はもっぱら子育てしています。

学びの内容や面白さについて

「スポーツ哲学」

スポーツ哲学は、「スポーツとはなにか」について改めて問うていく学問です。スポーツとスポーツではないものを分ける原理はなんでしょうか。たとえば、新体操はスポーツで、バレエはスポーツではないのでしょうか。ピアノはスポーツでしょうか?将棋や囲碁は…はたして「スポーツ」とは何なのでしょうか!? このような素朴な問いに対してどのように応答可能か、哲学的思考をもとに探究していきます。

「スポーツ倫理学」

スポーツ倫理学には、スポーツにおける非倫理的行為を主に扱い、実践哲学的視点からその是非や解決策について問うていく学問です。リオオリンピックでも問題になったドーピングの問題、指導にまつわる体罰、暴力やハラスメントの問題、義足選手のオリンピック出場をめぐる問題… さまざまな倫理的課題について実践哲学的視点から問いを発し、考察をしていきます。

受験生へのメッセージ