›
 ›
 ›
心理学科
教育・心理学部

心理学科

「臨床心理」「発達・福祉」「応用・社会」の3つのユニット制。幅広い心理学の学習と演習による実践的な授業で、医療・保健・福祉をはじめ、多様な場で活躍できる専門家を養成。心理分野の国家資格「公認心理師」にも対応したカリキュラムを編成しています。

入学定員
100名
キャンパス
美浜キャンパス

変化を続ける社会で人々の「心」を見つめ、
多様な分野で活躍できる心理学の専門家を養成。

教育の特色

基礎心理学と研究手法を早期に修得。

大学での専門的な学びへ展開できるように、講義や演習の学習方法やレポートの書き方などを学ぶ「総合演習Ⅰ・Ⅱ」、心理学の基礎となる「心理学概論」「心理学研究法」を1年次に履修。人間の心の理解を深めながら、実験・観察・調査・面接といった心理学の研究手法を早い段階で修得し、3年次以降の専門的な学びにつなげます。

3つのユニットで専門性を効率よく学ぶ。

幅広い心理学の学習と充実した演習を基盤として、3つのユニットでそれぞれの専門性を効率よく学ぶカリキュラムを編成。多様化・複雑化する社会のなかで、各分野で心理学の専門性を発揮し、社会に貢献できるプロフェッショナルを養成します。

本学大学院進学で公認心理師・臨床心理士をめざす。

本学は修了すると実務経験なしで公認心理師・臨床心理士受験資格が取得できる大学院を併設しています。本学科の学生が毎年進学しており、成績優秀者を対象とした学内選抜入試も実施しています。心理学の高度専門職をめざす学生のために、進学サポート体制も充実しています。

資格取得

  • 取得可能な資格

    • 認定心理士
    • 認定心理士(心理調査)
    • 初級障がい者スポーツ指導員
    • 社会福祉主事任用資格
    • 児童指導員任用資格
  • 卒業後に実務経験が必要な資格

    • 児童福祉司任用資格※1

    「公認心理師」に対応

    (学士課程基礎要件)※2

※1) 卒業後、指定施設において1年以上の実務経験が必要となります。

※2) 指定科目の成績が学内基準に達していない場合、所定の科目を履修できない場合があります。また定員(45名)を超えた場合は学内選考が行われます。

カリキュラム

充実した演習の積み重ねで心理学の確かな理解へ。

心理学科では全員が履修する少人数制の演習(ゼミナール)を各学年に設置。1年次の総合演習で大学での学習の基礎を知ることから始まり、4年次の卒業研究につながる専門演習まで着実に進めていきます。さらに、それぞれの学びの目標・ユニットに応じた複数の演習科目も配置(下記演習科目)。幅広く充実した演習科目を積み重ねていくことで心理学の学びを確かなものにします。

4年間の流れ

  • 1年次

    総合演習Ⅰ・Ⅱ

    社会・人間・子どもに関する問題を取り上げ、心理学の観点から主体的に考察を深めます。

  • 2年次

    心理学基礎演習

    心理学に関連する各種論文を講読・議論することを通して、心理学の幅広さやアプローチの多様性について、理解を深めます。

    • 心理支援演習
    • 心理データ処理演習
    • 心理学実験
    • 心理学応用実験

    心理学発展演習

    卒業研究を行うゼミナールを選択し、担当教員のもとで卒業研究のための専門的な学習を深めます。

    • 臨床心理学演習
    • コミュニケーションスキル演習Ⅰ
  • 3・4年次

    心理学専門演習Ⅰ

    卒業研究をおこなうゼミナールを選択し、担当教員のもとで卒業研究のための専門的な学習を深めます。

    • 臨床面接法演習
    • ビジネス心理学演習
    • 心理アセスメント演習
    • 心理学研究法演習

    心理学専門演習Ⅱ

    担当教員の指導のもと、自分の関心に応じて研究テーマを定め、各種の研究方法に基づき卒業研究を行います。

  • ユニットを選択し専門の学びを追究する。

    心理学科の最大の特徴であるユニット制。ユニットとは“心理学を自分の将来にどう活かすか”に対応した学びのルート(科目の選択パターン)のことです。4年間を通して幅広く心理学を学びつつ、2年生からは「臨床心理ユニット」「発達・福祉ユニット」「応用・社会ユニット」の3つのユニットから、自分自身がめざす心理学の活かし方を選び、より深い学修・研究に取り組みます。世界でも類を見ないほどの超少子高齢社会を迎える日本において、社会はめまぐるしく変化し、人の心を見つめる心理学が求められる領域が広がっています。そこで心理学科では、社会の多様な領域で心理学を活かせるプロフェッショナルの養成を目標にユニット制の学びを推進していきます。

Pick Up 講義

ユニット企画

心理学の面白さや奥深さを体験するとともに、ユニット選択の参考として3ユニットそれぞれが開催。心理学を活用した進路についても取り上げているため幅広い視点から自分の将来について考える機会になっています。応用・社会ユニットでは「コミュニケーションスキル演習Ⅰ・Ⅱ」の導入として情報伝達ゲームを実施。学生はイラストや図形を言葉だけで説明することの難しさを実感し、情報を正確に伝え合えるコミュニケーションの方法について関心を高めていました。

  • 2年次から始まる公認心理師演習・実習。

    公認心理師資格課程には2 年次から登録。
    資格取得のための演習・実習も2 年次から開始。
    早い段階から心理学の実践現場を体験し、実践力を身につけます。

  • 2年次

    心理演習

    心理面接や心理検査の実際を、ロールプレイや事例検討などの体験を通して実践的に学びます。

    心理実習Ⅰ

    心理専門職が活動している医療・福祉・産業・司法・教育等の施設を訪問して行う見学実習を中心に実施します。

  • 3年次

    心理実習Ⅱ

    心理支援についての深い理解を得ることを目的として、1つの施設で数日間継続して行う実践的実習です。公認心理師として求められる資質技能・倫理・法的義務について具体的に理解し、自分の課題を明確にします。

学生VOICE

あらゆる分野に通ずる、心理学の幅広さを学んでいます。

教育、医療、産業、福祉、司法の各分野における心理職の役割を学び、心理職が幅広い分野で活躍していることを知りました。また、心理職ではなくても、日常生活の中で周りの人を支えるために心理学の知識を活かすことができると知りました。将来は心理学や福祉の学びを活かして、さまざまな立場の方に親身に対応できる公務員をめざしています。

吉田よしだ 美里みさとさん

子ども発達学部 4年 愛知県 豊橋東高等学校出身

施設・設備

豊富な演習室で
実践力を身につける。

詳しくはこちら