›
 ›
 ›
 ›
保育・幼児教育専修

教育・心理学部 子ども発達学科
保育・幼児教育専修

「ふくし」の視点で子どもの生活を見つめる。
60年に及ぶ保育者養成の実績に裏付けられた教育。

教育の特色

こころとからだを育む方法を学び、専門研究や演習で深化。

乳幼児期を中心に、子どもの発達に適した保育・養護の考え方・内容・方法や、音楽・造形・体育などのこころとからだを育む方法を学習。講義科目で得た気づきは、多彩なテーマを掲げる専門演習での研究や、実習棟で行う演習科目群により、さらに深化させることができます。

子どもや家庭の問題についても学び、多様なニーズに対応できる力に。

社会福祉に関する本学の教育・研究の成果を活かし、ふくしの視点を備えた保育者の養成をめざしています。保育・幼児教育の理論や方法とともに、子どもの貧困、虐待、障害などの福祉 的課題についても深く学び、子どもや保護者の多様なニーズに対応できる実践力を養います。

子育て支援の現場で親子とふれあう機会を豊富に提供。

親の育児ストレスは、現代社会の問題のひとつ。誰もが安心して子育てできるよう、地域には子育て支援センターや、児童センターなどがあり、子育て支援を目的とするNPOもあります。本専修では保育所・施設・幼稚園での実習以外にも、こうした現場を訪れて親子とふれあう機会を豊富に設けています。

資格取得

  • 取得可能な資格・免許状など

    • 保育士
    • 幼稚園教諭一種免許状
    • 学童保育士※1
    • 初級障がい者スポーツ指導員
    • 社会福祉主事任用資格
    • 児童指導員任用資格
  • 卒業後に実務経験が必要な資格

    • 児童福祉司任用資格※2

※1) 別途、NPO法人 学童保育指導員協会が指定する学童保育実習を受講する必要があります。

※2) 卒業後、指定施設において1年以上の実務経験が必要となります。

*任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

*複数の資格を取得する場合、資格の組み合わせによっては4年間で取得できない場合があります。また、資格によっては併修できない場合があります。

子ども発達学科 保育・幼児教育専修

資格・進路

子どもの発達支援の専門家として、
資格を活かした進路へ。

詳しくはこちら

子どもとふれあうチャンスを豊富に設けたカリキュラム

講義・演習科目の進度に合わせ、2年次以降段階的に実習科目を配置。学習効果を高めるため事前事後学習にも力を注いでいます。さらに、実習以外でも子どもや保護者・保育者に接する機会を豊富に用意しています。

4年間の流れ

  • 1年次

    • 保育職論
    • 保育実践入門
    • 社会福祉論 など

    保育者の専門性や職務を多角的に学び、保育の社会的意義を理解します。

  • 2年次

    • 子ども家庭福祉論
    • 保育・教育制度論
    • 子育て支援演習
    • 感性と表現(保育内容E)など

    子どもや家庭の福祉に関する制度とその課題、効果的な支援のあり方を学びます。

  • 3年次

    • 仲間と交わり(保育内容B)
    • 教育福祉論
    • 障害児保育演習 など

    子どもの育ちにおいて重要な「仲間づくり」の実践例や子どもの発達を踏まえた保育者の役割を学びます。

  • 4年次

    • 保育カンファレンス演習
    • 保育・教職実践演習
    • 学童保育論 など

    多様な現場を想定したロールプレイングを通し、保育・幼児教育や子育て支援などの実践力を養います。

◎充実した実習・体験

※乳児院・児童養護施設・児童発達支援センターなどの児童福祉施設で行います。

1年次から多彩な現場体験

  • ゼミ科目(専門演習等)でのフィールドワーク
  • 子どもとかかわる数多くのサークル活動
  • 本学に依頼のある子ども関連ボランティア など

Pick Up 講義

感性と表現(保育内容E)

自然に親しみ、音楽・造形を学ぶ。

感性と表現(保育内容E)は、音楽表現と造形表現のオムニバス授業です。音楽では、グループに分かれ学内を散策しさまざまな音探しをします。造形では自然素材や、身の回りの素材を使ってさまざまな遊びを展開します。音、色、光などを感じる学びの時間です。

学生VOICE

福祉的な視点から、広い視野で子どもたちのことを考えています。

この専修では子育て支援センターや乳児院についても学びます。さまざまな子どもたちには、保育園・幼稚園だけで完結するのではなく、施設と連携した対応が大切だということに気づきました。また、保育士が活躍できる場は多方面に広がっていることを知り、将来の選択の幅も広がりました。今後は実際に保育園や施設を見て、仕事への理解を深めたいと思います。

松井まつい 花月かづきさん

子ども発達学部 3年 富山県 水橋高等学校出身