›
 ›
 ›
国際福祉開発学科
国際福祉開発学部

国際福祉開発学科

1年次に約2週間、国際フィールドワーク(現地学習)に全員が参加し、早期から異文化理解に取り組みます。クオーター制カリキュラムは、最長で連続6カ月間の留学やインターンシップを可能とし、多文化共生社会を生き抜く力を培います。

入学定員
80名
キャンパス
東海キャンパス

1年次から全員が世界へ飛び出し、
異文化を肌で感じ、視野を広げる。

教育の特色

世界と語り合い、変えていくために養う3つの力。

本学科では、自ら発信するための英語力や日本語力、ICTを活用したプレゼンテーション力などの「多文化コミュニケーション力」、多様な意見を取りまとめて合意形成を図る「ファシリテーション力」、フィールドワークを通して地域特有の問題を発見し解決を図る「問題発見・解決力」の3つの力の修得をめざします。

他者や異文化への理解を深めるカリキュラム。

1年次では異文化との触れ合いから学び、2年次には国内外のグローバルステージでキャリアビジョンを描けるような学びを展開します。3・4年次に専門研究~卒業論文を経て問題発見・解決力を磨きます。現地の状況を理解し、また、現地学生との対話や交流をする中で、他者や異文化への理解を深めることが可能なカリキュラム編成となっています。

グローバルリーダーをめざすプログラム。

入学後の前半期までの英語力やリーダーシップ力等の評価によって、「スーパーグローバルクラス」のメンバーとなる学生10名を選抜します。10名に対しては、特別サポートプログラムとして、さまざまな分野で活躍する卒業生を講師に迎えた授業や就職活動の準備に直結する演習が用意されます。

進路・資格取得

  • 取得可能な資格

    免許状

    • 中学校教諭一種免許状(英語)
    • 高等学校教諭一種免許状(英語)

    民間資格

    • 初級障がい者スポーツ指導員

    任用資格

    • 社会福祉主事任用資格
  • 取得を支援する資格

    • 日本語教育能力検定試験(日本語教師)
    • TOEIC(1・2年次は全員が年2回以上受験)
    • 英検(実用英語技能検定)
    • IELTS(International English Language Testing System)

      *受験料を全額補助します(目標スコアに達した場合)

    • ITパスポート試験
    • 全国通訳案内士

*任用資格とは公的機関において特定の業務につくために必要とされる資格です。

*その他、複数の資格を取得する場合、資格の組み合わせによっては4年間で取得できない場合があります。

グローバルリーダーを育てる効果的なカリキュラム

Pick Up 講義

国際交流ファシリテーション演習

海外の学生を招聘し、国際交流イベント(ワールドユースミーティング:WYM)を企画、運営します。1年~3年が主体的に取り組む学部の代表的な演習で、実践的な英語の活用や人的ネットワーク構築を体験しながらファシリテーションを実施します。学生は各グループに分かれ、情報共有に必要な文書処理力やSNS利用などのICT力を駆使し、イベントを準備、運営、評価していきます。積極的なコミュニケーションと冷静な問題解決により、文化の異なるメンバーが協働する学び体験を通して、グローバル社会で役立つファシリテーションスキルが身につきます。

グローバル企業ケーススタディ

今日の世界経済は、ビジネスが国境を越え、組織が多様化し、国際的な相互依存が非常に高まっています。日本企業にとっても、グローバル経営に精通する人材の育成はますます重要です。この講義の目的は、海外企業も含めたいくつかの業種の具体的事例を通して、グローバル企業経営の基本的な考え方を学ぶことです。グローバル企業で必要となる戦略や組織のマネジメント方法などを学ぶと同時に、日本型ビジネスモデルを理解し、それをどのように海外市場で展開しているかを探究します。

グローバルキャリアデザイン

産学連携協定に基づいて中部国際空港セントレアに開設された、サテライトキャンパスで行う2年生向け集中講義。エアラインや観光ビジネス、グローバル流通ビジネスの最前線に携わる企業人を講師に迎え、実践的なコーチングを受けます。グローバルなフィールドで働く意義とは何か、グローバルリーダーとなるための資質とは何か、これから世界を舞台に活躍するために求められるスキルを学びます。エアライン系の就活準備やスキルの向上は、あらゆる業界のトップブランド企業の就活に対応するため、就活リテラシーを磨けます。

学生VOICE

海外研修など、チャレンジの機会が豊富!
グローバルに活躍するための学びができます。

観光業に興味があり、中部国際空港にサテライトキャンパスのある日本福祉大学を選びました。入学してみると、グローバル教育の質の高さに驚きました。1年次から可能な海外研修や、海外の学生とファシリテーションを実地演習できる機会など、とても刺激を受けています。語学(英語)はひとつのツールで、大切なのは異文化理解とコミュニケーション能力。世界の人々と共生するという視点が身についたことは、これからの私の核になると思います。

川瀬 麻鈴さん

国際福祉開発学部 4年 岐阜県 大垣南高等学校出身