›
 ›
国際福祉開発学部
Faculty of International Welfare Development

国際福祉開発学部

国際福祉開発学科

東海キャンパス

違いを理解し、ともに生きる。
多文化共生社会を生き抜く力を磨く。

「国際」という言葉から、「外国」や「英語」を連想する人は多いでしょう。しかし、国際化は日本国内でも進んでいます。海外からの移住者、何世代にもわたって日本で暮らす外国籍の人、あるいは外国で生まれ育った日本人。そのルーツも英語圏だけにとどまりません。日本は、多様な言語や文化が入り交じった多文化社会に向かう一方で、多文化が“共生” する社会というには、まだまだ多くの課題を抱えています。国際福祉開発学部では、英語やICT※スキルも含めた“多文化コミュニケーション力”、多様な意見を取りまとめて前に進める“ファシリテーション力”、そして“問題発見・解決力” を養い、多文化共生社会づくりに貢献する人材を育てます。身につけた力は、世界中で、そしてもちろん日本国内でも必ず役に立ちます。

※情報通信技術:Information and Communication Technology

クオーター制カリキュラムを導入。

1科目を約2カ月間(1クオーター)で履修可能なカリキュラム。履修計画の自由度が高まるほか、特に集中的な学習が望ましい英語コミュニケーションの科目で高い効果が期待されます。また、2年次の第3クオーターまでは教室で学び、第4クオーターから3年次の第1クオーターを通して国内外のグローバルなステージでフィールドワークやインターンシップを行うことも可能です。

※教職課程登録者を除く。

取得可能な資格

【免許状】
  • 中学校教諭一種免許状(英語)
  • 高等学校教諭一種免許状(英語)
【民間資格】
  • 初級障がい者スポーツ指導員
【任用資格】
  • 社会福祉主事任用資格
【取得を支援する資格】
  • 日本語教育能力検定試験(日本語教師)
  • TOEIC(1・2年次は全員が年2回以上受験)
  • 英検(実用英語技能検定)
  • IELTS(International English Language Testing System)

    *受験料を全額補助します(目標スコアに達した場合)

  • ITパスポート試験
  • 全国通訳案内士

国際福祉開発学部『TOPICS』

多文化と出会い、自分を鍛える体験。

詳しくはこちら