›
 ›
国際福祉開発学部
Faculty of International Welfare Development

国際福祉開発学部

国際福祉開発学科

東海キャンパス

違いを理解し、ともに生きる。
多文化共生社会を創る力を磨く。

「国際」という言葉から、「海外」や「外国語」を連想する人は多いでしょう。しかし、国際化は日本国内でも進んでいます。海外からの移住者、何世代にもわたって日本で暮らす外国籍の人、あるいは外国で生まれ育った日本人。 日本は多様な言語や文化が入り交じった多文化社会に向かう一方で、その実現には多くの課題を抱えています。国際福祉開発学部では、英語やICTスキルも含めた“多文化コミュニケーション力”、多様な意見を取りまとめて前に進める“ファシリテーション力”、そして“問題発見・解決力” を養い、国内外の多文化共生社会に貢献できる人材を育てます。

グローバルな現場で協働できる人材を育成。

英語・コミュニケーション科目、福祉開発科目、社会人教養科目、演習科目を学内外のフィールドで実施。4 年間を通して「知識」「スキル」「体験」のバランスのとれた学びを行い、座学と現場を往復しながら多文化共生に役立つ力を伸ばします。

取得可能な資格・免許状など

【免許状】
  • 中学校教諭一種免許状(英語)
  • 高等学校教諭一種免許状(英語)
【民間資格】
  • 初級障がい者スポーツ指導員
【任用資格】
  • 社会福祉主事任用資格
【取得を支援する資格】
  • 日本語教育能力検定試験(日本語教師)
  • TOEIC(1・2年次は全員が年2回以上の受験を推奨)
  • 英検(実用英語技能検定)
  • IELTS(International English Language Testing System)

    *受験料を全額補助します(目標スコアに達した場合)

  • ITパスポート試験
  • 全国通訳案内士

国際福祉開発学部『TOPICS』

多文化と出会い、自分を鍛える体験。

詳しくはこちら