›
 ›
 ›
 ›
作業療法学専攻

健康科学部 リハビリテーション学科
作業療法学専攻

生活や職場復帰を支え、
生きがいづくりを支援できる作業療法士に。

教育の特色

4年間を通した実習で、確かな問題解決力を育成。

本専攻では1年次の見学実習から4年次の臨床実習まで4年間を通した実習を行っています。次第に高度な経験を積み、教室の知識を現場で確かめ、現場での疑問を教室で解消することで、確かな問題解決力を育みます。

臨床現場で活躍する教員から、実践的な知識を学べる。

教員の多くは、地域や臨床の現場の第一線で活躍する作業療法士。実例にもとづく生きた知識を学べるほか、教員が地域の福祉施設で実施する作業療法の体験会など、学外の活動に参加する機会もあります。対象者への理解を深め、接し方を学ぶと同時に、さまざまな療法にふれることができます。

仲間と力を合わせて学び、高い国家試験合格率を達成。

学生同士が自主的に集まって勉強するなど、結束の固さは専攻開設以来の特徴。作業療法士国家試験前には自主ゼミを開催して事例検討や文献レビューを行い、高い合格率を達成しています。

  • 4年生には 6~8名程度の少人数で集中して学習できる『演習室』の環境が整っています。
  • 学年を超えた共同学習は、最先端のアクティブラーニング!
    先輩(4年生)が後輩(1年生)を対象に“教える学習”を実践!

カリキュラム

国家試験対策も見据えたゆとりあるカリキュラム。

“理論”と“実践”のバランスに優れたカリキュラムを編成し、1年次から4年間を通して実習を実施します。幅広い領域の実習施設を全国各地に確保。4年次の実習は春学期で終わるため、国家試験対策にもしっかりと取り組めます。

4年間の流れ

  • 1年次

    • 作業療法学概論
    • 運動器系解剖生理学Ⅰ

    作業療法の歴史・対象・手段・目的、人体の運動器の構造や機能を理解します。

  • 2年次

    • 身体障害作業療法学Ⅱ
    • 日常生活活動学

    身体障害領域の作業療法に関する治療理論や技術、日常動作の指導などを学びます。

  • 3年次

    • 老年期作業療法学
    • 高次脳機能障害学

    高齢期の疾患や障害、脳機能障害に対するリハビリテーションや作業療法を学びます。

  • 4年次

    • 整形外科系障害のリハビリテーション
    • 作業療法学研究Ⅱ

    保健・医療・福祉の領域から関心のあるテーマを掘り下げ、研究に取り組みます。

◎充実した実習

主な実習先

東京慈恵会医科大学附属病院/愛知医科大学病院/国立長寿医療研究センター/名古屋市総合リハビリテーションセンター/半田市立半田病院/公立西知多総合病院/碧南市民病院/豊川市民病院/岐阜県立多治見病院/一宮市立市民病院/豊田厚生病院/厚生連海南病院/知多厚生病院/稲沢厚生病院/中部ろうさい病院/旭労災病院/知多リハビリテーション病院/上飯田リハビリテーション病院/善常会リハビリテーション病院/刈谷豊田総合病院/小林記念病院/名古屋掖済会病院/済衆館病院/あさい病院/もりやま総合心療病院/共和病院/刈谷病院 など

Pick Up 講義

演習や実習で学ぶ実践的な授業スタイル

1年次から4年次まで、各学年には演習・実習形式の科目が多く配置されています。時には、障がい当事者の方をお招きし実践的な実習教 育も行われます。本学には、大学病院、総合病院、リハビリテーション専門病院などで作業療法士として患者さまや利用者さまの治療や支援に長年携わってきた経験豊富な教員がたくさんいます。専門書や文献などの教材だけでは得られない“リアルな学び”を、教員、仲間とともに考え、専門技術の習得をめざす授業は、とてもやりがいのある学びの時間です。

卒業研究

学生の幅広い関心に応える研究指導体制。

「総合実習Ⅰ」が終わる3年次の冬から研究テーマを模索し、4年次の春から研究活動を開始します。身体・精神・老年期・発達の各領域に対応した研究者・臨床家が揃っているため、関心ある分野の研究に自由に取り組むことができます。

【卒業研究のテーマ例】(2022年3月卒業生)

  • ハンズフリー通話が視覚的定位に与える影響 ̶静止画における検証̶
  • Pusher現象の検討
  • 神経心理学的検査で明らかになる作業療法学生の記憶特性
  • 高齢者の活動・参加状況と認知機能の関連性の検討
  • 幼児期における感覚統合療法 ̶幼児の社会適応について̶
  • 疼痛に対する有効な介入法について ̶疼痛の現状を踏まえ,作業療法士が行えること̶

主な進路

機能回復から社会復帰まで、多様な職場があります。

作業療法士の活躍できる分野は、今多様に広がっています。医療・福祉分野はもちろん、子ども、福祉などに加え、障害を持つ子どもの 発達支援などにも、力を発揮するようになっています。

  • 【公的医療施設】国立病院機構東海北陸管区内医療施設(国立病院機構東名古屋病院/国立病院機構豊橋病院)、国立長寿医療センター、名古屋市総合リハビリテーションセンター、豊川市民病院、岡崎市民病院、豊橋市民病院、一宮市立病院、市立伊勢総合病院、大垣市民病院、多治見市民病院、土岐市立総合病院【高度医療施設】東京慈恵会医科大学病院、愛知医科大学病院、福井県立医科大学病院、藤田保健衛生大学病院【総合病院・リハビリテーション専門病院】JA愛知県厚生連病院(海南病院/豊田厚生/知多厚生他)、JA岐阜県厚生連、刈谷豊田総合病院、中部ろうさい病院、名古屋掖済会病院、済衆館病院、名古屋済生会リハビリテーション病院、偕行会リハビリテーション病院、善常会リハビリテーション病院、鵜飼リハビリテーション病院【精神・介護・福祉系施設】介護老人保健施設 知立、介護老人保健施設 ゆうゆうの里、桶狭間病院 藤田こころケアセンター

資格取得

取得可能な資格

  • 作業療法士国家試験受験資格(卒業要件資格)※1
  • 社会福祉主事任用資格

国家試験対策

  • 手厚い個別指導と仲間意識を大切にするプログラム。

    4年次には国家試験全員合格をめざして、本学独自の学習プログラムに取り組みます。模試を数多く経験することで、国家試験問題の傾向を把握し、苦手問題の克服を図るとともに、国家試験特有のプレッシャーに耐えうる精神力を鍛えます。加えてゼミの担当教員も各人の 個性に合わせた受験指導を行うなど、学生の国家試験合格を縦横にサポートします。仲間とともに学ぶ過程を通し、単なる資格取得の枠組みを超え「人のために役立つ」という本当の能動性を培うことができるでしょう。

作業療法士国家試験合格率

  • 【2019年度】

    100 %
    36/36(全国平均80.0%)

  • 2020年度

    100 %
    43/43(全国平均94.2%)

  • 2021年度

    100 %
    38/38(全国平均88.8%)

  • 2022年度

    97.4 %
    37/38(全国平均88.7%)

作業療法学専攻 専任教員一覧

2022年4月現在 ※今後、変更になる場合があります。

石井 文康 リハビリテーション科学、作業療法学、 高次脳機能障害、中枢神経疾患
来島 修志 認知症の作業療法、回想法
小嶌 健一 身体障害および老年期障害の作業療法
田口 修 精神障害の作業療法、作業療法の教育、作業活動と身体の現象学
田中 将裕 リハビリテーション科学
中村 泰久 精神障害リハビリテーション
野間 知一 リハビリテーション科学、福祉工学
森本 真太郎 療法士教育
山中 武彦 作業療法学、リハビリテーション、福祉工学、神経科学

学生・卒業生VOICE

学生VOICE

健康科学部 4年
市川 いちかわ まい さん 岐阜県 本巣松陽高等学校出身

作業療法は命を支える仕事。
その気づきをいつも胸に。

1年次の実習は、右も左もわからず、戸惑ったまま終わってしまいました。「私は、作業療法士に向いていないのかも」。そんなふうに思ってしまうことも。けれど、2年次の実習で、「1年生の頃よりわかることが増えている!」と気づき、勉強も楽しくなりました。1 年生の頃は、まだまだ知らないことが多すぎたようです。だからこそ、今は、もっと勉強したいという気持ち。大学で感じた命に関わる責任感を忘れず、さらに自己研鑽を続けていきたいと思います。

就職決定者VOICE

大垣市民病院

2022年3月卒業
山本 やまもと 実奈 みな さん 岐阜県 高山西高等学校出身

“治す”の先にある、
患者さんのこれからの生活を見据えて。

「日本福祉大学の作業療法学専攻では、1年次から実習がある」と知り、入学を決めました。実習は、たくさんの学びを得られるほか、進路決定にも大きな影響を与えました。回復期や維持期など、さまざまな領域に興味があったのですが、最終的には長く実習で経験した急性期の領域で働くことを目指すことに。退院や転院が比較的早い急性期の患者さんに対して、“治す”ことだけではなく、患者さんの生活背景や人となりを反映させた訓練を実施していきたいです。

卒業生VOICE

稲沢市民病院

2021年3月卒業
伊藤 いとう 緋妃貴 ひびき さん 愛知県 名古屋女子大学高等学校出身

気持ちを込めて、
その人らしい生活に戻れるよう支援したい。

私は、とても緊張をしてしまうタイプで、実習でもなかなか相手の目を見て話すことができなくて……。就職試験に向けて、何度もゼミの教授や友達と練習をしたことが良い結果につながったと思います。今では、自分なりにどうすれば気持ちが伝わるかを考え、「笑顔が素敵だね」と言っていただけることもあります。学生時代に頑張って本当に良かったと思っています。これからも、患者さんの日常生活やご家族も慮りながら、心を込めてサポートしていきたいです。

ゼミ紹介

野間知一ゼミ

作業療法の新分野にも積極的に挑戦しています。

野間ゼミでは、脳卒中などの中枢神経障害への作業療法をテーマに研究しています。ゼミ生は、臨床実習で脳卒中患者さんを担当した経験から生まれた疑問や興味をもとに、卒業研究のテーマを決めていきます。実際の研究は、医療・福祉現場で使用されるロボットや最新の医療や活動時の身体の動きをとらえる評価装置なども利用します。これらは作業療法では新しい分野ですが、とくにリハビリテーションロボットに関連する研究は社会から期待される分野であり、ゼミ生も興味を持っています。