FACULTIES

FACULTIES 介護への漠然とした興味が、地域福祉への強い関心に。

学生インタビュー

健康科学部 リハビリテーション学科 介護学専攻

就職先:名古屋市役所
近藤 雄太さん

2023年3月卒業
愛知県/同朋高等学校 出身
柏原正尚研究室

●入学をめざしたきっかけは?
やりたいことが見つからないけれど、大学には進学したい。あれこれ考えて、中学校の職業体験で特別養護老人ホームを訪れたことを思い出し、「介護福祉士も悪くないな」と福祉系をめざしました。日本福祉大学のこの専攻を選んだ決め手は、大学の知名度と、社会福祉士とのW取得ができること、そして合格率の高さです。

●卒業研究について教えてください。
地域福祉に興味を持ち研究に取り組みました。震災などの災害ボランティアでは、医療や自衛隊の人が専門性を活かして活躍するのに対して、介護職や福祉職がそうではないことに問題意識を持ちました。より専門性を活かした支援をするには、福祉専門職の防災意識を高める必要があると考え、方法を検討。避難生活を疑似体験する“防災キャンプ”がいいのではないかというのが、私の提案です。

●卒業後の目標は?
以前の私は、生活に困窮する人は本人の浪費に原因があると思っていました。ところが在学中の学びを通じて、本人に非がない場合や、頑張っても貧困から抜け出せない場合があると知りました。公務員としてさまざまな福祉の制度を活用し、そういう人が肩身の狭い思いをせず暮らせるよう支援していきたい。介護福祉士の学びも、高齢者や障害者とのコミュニケーションに役立てていきます。

●高校生へのメッセージを!
この専攻は学生数が多くない分、先生との距離が近く、勉強でも就職活動でも一人ひとりを見てくれます。私はゼミの先生の勧めで公務員をめざし、面接練習や小論文の指導もしていただきました。W資格を取得できるので、介護だけの専門家ではなく、“幅広い知識があり、特に介護に強い人”になれる学科だと思います。

MY LEARNING STAGES

1年次 介護を受ける側の気持ちにも気づけた。
毎日新しい知識と出会い、がむしゃらに学びました。「生活支援技術演習」では、学生同士で介助技術を練習。声がけがないまま衣服を脱がされるのは気分のいいものではないんだなと、受ける側を体験して気づきました。

2年次 実習を経験し介護職をめざす気持ちが高まる。
「介護実習」では、片麻痺のある人の介助を行い、学生同士の練習とは違って本当に動かないことに驚きと難しさを感じました。実習先の指導者からコツを聞き、学生同士でも情報交換して、最後にはできるように。「実習だけで終わるのはもったいない」と、介護職への思いが強くなりました。

3・4年次 福祉の対象者の幅広さを知り公務員志望に。
社会福祉系の授業や、社会福祉士資格を取得するための実習で、高齢者や障害者のほかに、児童や生活困窮者なども支援を必要としていることを知りました。いろいろな人を対象とする地域福祉に興味を持ち、それに携われるのが社会福祉協議会の職員や公務員だと知って、志望進路が変わりました。

日本福祉大学 入学広報課

オープンキャンパスや、入試など
日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます!

日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます! 登録はこちらから 2023年4月 アカウントが
変わりました!