FACULTIES

FACULTIES 介護福祉士と社会福祉士の視点で、その人らしい人生を支援したい。

学生インタビュー

健康科学部 リハビリテーション学科 介護学専攻

就職先:医療法人幸会 老人保健施設みず里
野﨑 拓人さん

2023年3月卒業
三重県/海星高等学校 出身
水谷なおみ研究室

●入学をめざしたきっかけは?
祖母と関わる機会が多かったことから介護に関心を持ち、日本福祉大学のホームページで「リーダー的役割を担う介護福祉士」の言葉を見て、魅力を感じました。オープンキャンパスの模擬授業で見た先輩の衣服着脱介助スキルの高さや、先輩や先生方の温かい対応にも惹かれて、入学を決めました。

●卒業研究について教えてください。
3年次の「相談援助実習」で、医療ソーシャルワーカー(MSW)が支援において最も大切に考えていることが、一人ひとり異なることに気づき興味を持ちました。そこで「MSWの社会福祉援助観が、何に影響を受けて形成されるのか」をテーマに研究。「現場経験からの気づきや学び」「個人的な経験」「時代や社会の影響」の3つの要因だと結論づけました。こうした“その人の構成要素”を考えることは、介護の対象者に対しても重要だと感じています。

●卒業後の目標は?
就職先は実習を経験した施設です。排泄介助の技術を指導いただいた介護スタッフのように、後輩にていねいに教えることのできる存在をめざしながら、利用者さんをきちんと理解したうえでの個別支援や、他職種と連携したチームアプローチに力を入れていきます。利用者さんが笑顔になり、その人らしい人生を歩めるよう支援していきたいと考えています。

●高校生へのメッセージを!
4年間の学びの中で、福祉に関わるさまざまな分野や領域を、見たり体験したりすることができました。それが自分の可能性を広げて選択肢を増やし、やりたいことが見つかるきっかけになったと思います。漠然とでも介護福祉士や社会福祉士に興味がある人は、ぜひ日本福祉大学で学んでください!

MY LEARNING STAGES

1年次 友人と自主練習をして介護技術を習得。
もともと身につけたかった、入浴介助や排泄介助などの技術を授業で学び、友人たちと自主練習を重ねて上達をめざしました。先生が様子を見に来てアドバイスをくれることも。対象者にけがをさせないためにも、「なぜその動作で支援するのか」という根拠を、常に考えるよう意識しました。

2年次 介護実習で気づいた多職種連携の大切さ。
実習先の施設で、利用者さんの介助内容について理学療法士や看護師と話し合う経験をしたことがきっかけで、「多職種連携」の授業に力を入れました。印象に残ったのは、「福祉や医療の現場は、縦社会ではなく横社会」という先生の言葉。対象者の目標を実現するために、それぞれが自分の役割を果たしながら連携する、チームアプローチの大切さを学びました。

3・4年次 相談支援実習で社会福祉士の視点を学ぶ。
「相談援助実習」では、社会福祉協議会と病院での業務を経験し、社会福祉士の役割である相談支援業務を間近に見ることができました。対象者のことだけではなく、その人を取り巻く環境や、福祉の制度まで考える視点は、介護福祉士にも大切なものだと感じました。

日本福祉大学 入学広報課

オープンキャンパスや、入試など
日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます!

日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます! 登録はこちらから 2023年4月 アカウントが
変わりました!