FACULTIES

FACULTIES 人々の困りごとを情報技術で解決したい。

学生インタビュー

健康科学部 福祉工学科 情報工学専修

就職先:NTTアドバンステクノロジ株式会社
諏訪下 隆太さん

2023年3月卒業
愛知県/日本福祉大学付属高等学校 出身

卒業研究で取り組んだのは、知的障害者の防災訓練のための教育システムの開発。障害者施設を訪ねてリアルな声を聞きながら進めました。当初はWebアプリとして開発しましたが、施設職員の方々の扱いやすさを考慮してPowerPointに変換しました。技術は万人のために用いられるべきです。就職後も、人々の困りごとを解決できる情報技術者をめざします。

MY LEARNING STAGES

1年次 C言語を学んで、プログラミングの応用力を。
入学当初はITの知識がゼロだったので「プログラミング演習」には苦労しましました。しかし、C言語という扱いにくい言語に習熟した結果、他言語への応用力が養われました。

2年次 課題を創造的に解決する演習で主体性を養う。
1年次に学んだ技術を活用して機器を動かすなど、創造的な科目が増加。課題解決の方法を主体的に組み立てる演習を通じ、考えて行動できるようになり、成長を実感できました。

3・4年次 早期からの卒業研究が就職活動にも好影響。
演習・実験科目が増え、今まで以上に主体性が求められるように。3年次に研究室に所属して早期から卒業研究に取り組んだことで、採用試験の面接では自信を持って話せました。

日本福祉大学 入学広報課

オープンキャンパスや、入試など
日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます!

日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます! 登録はこちらから 2023年4月 アカウントが
変わりました!