FACULTIES

FACULTIES 人命に関わる責任感を持ち情報技術者として医療を支える。

学生インタビュー

健康科学部 福祉工学科 情報工学専修

就職先:シーアンドエス株式会社
中村 陽海さん

2023年3月卒業
愛知県/中村高等学校 出身
鈴木隆宏研究室

●入学をめざしたきっかけは?
高校では情報の授業が好きだったので、情報分野が学べる大学を探しました。日本福祉大学の情報工学専修は、他の大学にはあまりない“情報×福祉”の学びがあり、どちらも現代社会で必要とされている分野であることから学んでみたいと思いました。

●研究テーマとそのおもしろさを教えてください。
卒業研究テーマ「視覚的に学習できるiPad用情報モラル学習アプリケーションの開発」
アプリケーション開発に関心があり、鈴木研究室に所属しました。卒業研究で取り組んだのは、Swift言語を使ったiPad用教材アプリ制作。義務教育でのタブレット学習が普及する中、子どもやその親が情報モラルを楽しく学べるツールを作りたいと考えました。試作したアプリを研究室の仲間に実際に使用してもらい、学習定着度を測るテストや評価アンケートを数回にわたり実施。時には「色や文字が見ていると疲れる」という意見をもらうこともあり、他者の目線で考えてものづくりに取り組むことの大切さを実感しました。その後も修正を繰り返しながら、見やすさや操作性、学習効率の向上を追究。手描きのイラストを取り入れることで、電子教材でありながら絵本のような温かさを感じるアプリに仕上がりました。

●卒業後の目標は?
地元のIT企業で、医療系システムエンジニアとして働くことが決まりました。大学で培った継続力や行動力、思いやりの心を大切に、人の命に関わる責任感を持って業務に当たります。

MY LEARNING STAGES

1・2年次 仲間と助け合い、地道に学ぶ姿勢を身につけた。
人生初の専門的なプログラミングの学びに苦労しながらも必死に食らいつきました。毎週出る課題を同じ専修の仲間たちと助け合いながらコツコツとこなし、わかりにくい箇所は先生方に積極的に質問しながら理解を深めたことが、物事を諦めずに継続する力になったと感じます。

3年次 デザイン性も重視したアプリケーション製作を学ぶ。
卒業研究で扱うSwift言語を学ぶため、2年次に履修できなかった「医療システム開発演習」を受講。医療や福祉の分野で活かせるアプリ製作の技術を習得しました。文字の大きさ・形・色などデザインも意識しながら課題に取り組んだ経験が、卒業研究で独自性のある教材アプリを開発する上で役立ちました。

4年次 医療分野に貢献するシステムエンジニアに。
就職活動では、授業のゲスト講師として招かれる企業の担当者のお話を参考にしていました。私が就職先に選んだのは、授業でお話を聞いて関心を持った、医療分野のシステム開発を行う企業。人の命や健康に直結する情報技術者の仕事があることを知り、心引かれたことからこの職業を選びました。

日本福祉大学 入学広報課

オープンキャンパスや、入試など
日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます!

日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます! 登録はこちらから 2023年4月 アカウントが
変わりました!